チリ最高峰オホス・デル・サラド6893m&南米最高峰アコンカグア6962m・ポーランド氷河ルート・トラバース登山隊2016スタート

今日、サンティアゴに全員が集合して、「チリ最高峰オホス・デル・サラド6893m&南米最高峰アコンカグア6962m・ポーランド氷河ルート・トラバース登山隊2016」がスタートしました。
これから1カ月かけて南米で1番目に高い山と2番目に高い山を連続登頂します。
サンティアゴのレストランのご夫婦と記念写真。
s-DSC00494.jpg

ミゲル・トーレスのシャルドネ、魚介類のピルピルそしてサーモンです。
s-DSC00492.jpg

サンティアゴの魚市場
s-DSC00485.jpg




posted by ryuseki at 16:37| Comment(0) | 2016オホスアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

日本プロガイド協会 第11回Gフェスタ

日本プロガイド協会のGフェスタが瑞浪の岩場で開催されました。
総勢約30人が瑞浪の岩場に集結。山岳ガイドが大勢いないとできない、岩登りのイベントです。
s-DSC00444.jpg

いつでも暖かい瑞浪の岩場。岩登りのイベントするには最高の環境です。
s-DSC00423.jpg

おでん、コーヒー、ケーキ、ユンケルが振る舞われ、穂高、クライミングテクノロジー、スカルパ、ブラックダイアモンドから協賛いただき、全員に豪華賞品があたります。
s-DSC00425.jpg

ご参加の皆様、協賛いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by ryuseki at 21:32| Comment(0) | 日本の山も登ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

富士山と北岳

どっちも冬の装い
Mt.Fiji3776m
2016111223534000.jpg
Mt.kita3192m
2016111223545700.jpg
posted by ryuseki at 00:13| Comment(0) | 日本の山も登ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

チリ最高峰オホス・デル・サラド&南米最高峰アコンカグア登山隊2016説明会@富士山

「チリ最高峰オホス・デル・サラド&南米最高峰アコンカグア・ポーランド氷河ルート・トラバース登山隊2016」
今年一番の冷え込みの中、富士山山頂に泊まって、説明会を実施しました。
北九州からご参加のSさんは、「デナリより寒かった」と言っていました。
良い耐寒訓練になりました。この調子で、南米第2位の高峰オホス・デル・サラド6893mと南米最高峰アコンカグア6962mを連続全員登頂を決めたいと思います。
s-DSC00353.jpg
posted by ryuseki at 19:14| Comment(0) | 2016オホスアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

小淵沢の裏山 八ヶ岳登山

今週は2日連続で八ヶ岳です。だって小淵沢の裏山ですから。
s-PB071194.jpg

下山の後は、いつもの温泉。今日は泉質が今一な感じでした。
s-PB071198.jpg
posted by ryuseki at 11:54| Comment(0) | 日本の山も登ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

甲府 岡島百貨店 D-Select秋の登山教室@竜ヶ岳1485m

恒例の甲府にある岡島百貨店のD-Select秋の登山教室、今回は竜ヶ岳に行きました。
前に竜ヶ岳で登山教室をしたのは辰年だったから、なんと5年前!
ダイアモンド富士で有名な竜ヶ岳ですが、1日中曇りで富士山全く見えず。
s-DSC00301.jpg

仕方がないので、ヒマラヤ帰りのガイド振りを発揮して、ネパールで買ってきたイラムティー、アッサムCTC、ティーマサラを使って、ヒマラヤン野点でございます。
s-DSC00297.jpg
posted by ryuseki at 21:26| Comment(0) | 日本の山も登ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

エベレスト・ノース・コル登山隊2017 7020m 募集開始 

s-s-ノース・コル2017表紙.jpg
「エベレスト・ノース・コル登山隊2017」募集開始です。
世界最高峰エベレスト の肩ノース・コルに宿泊
ヒマラヤン・エッセンス満載
エベレストに登るような醍醐味
初心者でも登れる7000mの世界
最新で十分な装備 最新の酸素マスクとレギュレーター

登山期間は、2017年4月4日(火)〜5月5日(金)
      ネパール・カトマンズ発 中国チベット・ラサ着32日間です。
参加費用 ¥2,000,000.-です。
詳細はホームページをご覧ください。
http://ryusekiexpeditions.com/index.php?northcol20177020m
ご興味ある方は、メールでお知らせください。
ryuseki@k2.dion.ne.jp
お名前、ご住所、電話番号、年齢、簡単な山歴をご記入ください。
募集要項を送らせていただきます。
お問い合わせ、お申し込みお待ちしております。  
posted by ryuseki at 00:46| Comment(0) | 2017エベレスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

温泉登山

思ったより天気が良くないので、ちょこっと登って温泉に入って登山終了。
s-DSC00291.jpg

紅葉は素晴らしかったです。
s-DSC00281.jpg
posted by ryuseki at 22:33| Comment(0) | 日本の山も登ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

松茸登山

秋の味覚、松茸取りました。
s-PA151124.jpg

紅葉はまだまだ。
s-PA151121.jpg
posted by ryuseki at 21:36| Comment(0) | 日本の山も登ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

チョー・オユー登山隊2016 登頂データ

昨日SYさんとSRさんが、今日SKさんが、帰国お途につきました。
シェルパも既にカトマンズに帰り、次の仕事に向けて動き出しています。
竜石も、明日には帰国します。
「チョー・オユー登山隊2016」全員登頂で幕を閉じようとしています。
昨日、SYさんと、SRさんが出発するときに、記念写真を撮りました。
全員が登頂証明書をもらい、何とも清々しい気分です。
s-DSC00275 (2).jpg
9年振り2回目のチョー・オユーでした。
9年前は激込みだったABCも、今は当時の1/10ぐらいとなり、静かな登山が楽しめるようになりました。
天候が不順だったので、9月30日に登頂者が集中しましたが、せいぜい100人以下だったので、特に問題となる程ではなかったです。
BC付近の道路工事は、不快極まり無いですが、それも来年には終わっているでしょう。
それよりも、バグルンまで道が伸びたので、登山がし易くなりました。
来年は、バグルンを実質のベース・キャンプとして、登山を計画したいと思います。

今日も、カトマンズ最後の昼は、カパンのレストランに寄ってきました。
あんなに小さかった次女が、こんなに大きくなりました。
もうすっかりレストランを切り盛りしていました。
s-PA101094.jpg
posted by ryuseki at 18:43| Comment(0) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

さようならチョー・オユー8201m、また来年会いましょう。

先程、チベットの首都ラサ3600mに到着しました。大都会です。
「チョー・オユー登山隊2016」無事終了です。
明日の朝には、日本へ直接帰る人、カトマンズに戻る人、みなさんありがとうございました。

チョー・オユーの麓ティンリ―村を離れる時、見事にチョー・オユーからエベレストまで、見渡す事ができました。また来年この景色が見れますように。
PA051089.jpg
posted by ryuseki at 23:11| Comment(0) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョー・オユー工事現場ベース・キャンプ4900m

全隊員、全シェルパ、全スタッフ総勢18人がベース・キャンプに帰着しました。
ここで、シェルパとスタッフとは、来春のエベレストでの再会を誓って、お別れです。
シェルパ達は、陸路でカトマンズへ。チベット人スタッフは、村へ帰って行きます。
ありがとう、クィンジョ、タシ、ドゥルガ・ライ、ペンバ・テンジン・シェルパ、パサン・テンディ・シェルパ、ニマ・ヌル・シェルパ、ニマ・カンチャ・シェルパ、ペンバ・ヌル・シェルパ、ペンバ・ギャルツェン・シェルパ。
PA041085.jpg

さっきまで砂利を積んでいたトラックから吐き出される隊荷。工事現場ベース・キャンプ健在です。
来年は、ここに泊まらない計画を立てます。
PA041084.jpg
posted by ryuseki at 00:40| Comment(1) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

さようならアドバンス・ベース・キャンプ5700m

アドバンス・ベース・キャンプ最終日の夕方は、見事な夕焼けでした。
DSC00239.jpg

そして、翌朝はすごい笠雲がかかっていました。
PA041077.jpg
posted by ryuseki at 01:26| Comment(0) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

チョー・オユー8201m全員登頂!

DSC00105.jpgDSC00032.jpg
只今、アドバンス・ベース・キャンプに戻りました。
ネパール時間の9月30日午前9時頃に、チョー・オユー8201mに、総勢14人、シェルパを含む全員が登頂する事ができました。
大平原の頂上大地を、少しでも高い方向に登りながら、間近にエベレストが見えた時は歓声があがりました。「うわ〜、こんなに近いんだ!」

なかなか不安定な天気が続いていました。28日は強風でキャンプ3 7500mが建設できず、好天の予報だった29日は朝から曇り雪、しかし29日夕方から天候が回復し、30日午前0時には満天の星空と無風の中、出発す
ることができました。
こんな良い天気は、登山期間を通して初めてでした。
posted by ryuseki at 19:55| Comment(2) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

チョー・オユー頂上に向けて

DSC09900.jpg
なかなか不安定な天気が続いていますが、明日チョー・オユーの頂上を目指して、アドバンス・ベース・キャンプを出発します。
既に、アドバンス・ベース・キャンプにいる主な登山隊は、29日と30日の登頂を目指して動き出しています。
昨日には、悪天の中、パリバール・トレックのシ隊のシェルパ達が、キャンプ3 7400mに到達し、頂上へのルートの目処を付けました。

明日27日に、アドバンス・ベース・キャンプ5700mを出発し、キャンプ1 6400mへ。
28日にキャンプ2 7000m。
29日にキャンプ3 7400m。
そして、30日にチョー・オユー8201mの頂上を目指します。

今日は、個人の食料や装備の準備をし、午後にはシェルパ達と上部キャンプ建設と荷上げの打ち合わせも完了し、準備は整いました。
夕方まで降っていた雪も止んで、今は満点の星空が広がっています。

心を落ち着けて、一つ一つのハードルを越えて行けば、その先にチョー・オユー8201mの頂上があると信じています。
僕らの願いが叶いますように。
posted by ryuseki at 00:41| Comment(4) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

よっちゃんからひーちゃんへ

DSC09928.jpg
ひーちゃんへ。
きわめて順調です。明日から頂上へ向けてABCを出発します。
私もみんなも元気で、お天気に恵まれ登頂そして下山できることを、目指します。
チョー・オユーの土産話楽しみに、していてね。
よっちゃん
posted by ryuseki at 21:36| Comment(4) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

ヒマラヤの休日パート4 酸素講習会

DSC09924.jpgDSC09913.jpg
昨日から雪が今日も降り続いているアドバンス・ベース・キャンプです。

登頂に向けて酸素補給機の講習会を実施しました。
酸素補給機のシステムの解説の後、一人一人マスクを顔に合わせて、酸素ボンベに装着し、実際に酸素を吸ってもらいました。
数分でSPO2が99%に上る様子を見て、みんな大喜び。
酸素の凄さを実感してもらえたと思います。

今回は奮発して、全てアーモテック社の新型酸素ボンべで揃えました。
こうして並べると壮観です。
すでにキャンプ2 7000mに荷上げされて、僕らの到着を待っています。
posted by ryuseki at 23:56| Comment(1) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

6800mまで高度順応!

DSC09910.jpgDSC09921.jpg
キャンプ1 6400mに2泊して、6800mまで高度順応してきました。
尾根上のキャンプ1からは、南側はネパールとの国境の山パサン・ラム・チュリ7300mが堂々と聳えたっています。
北側は、無名の7000m峰の横に、キレイな雲がかかっていました。

初日は、晴れて良い天気だったのですが、6800mを往復した2日目は曇り時々雪、今日は夜半から雪となり、上部の良い写真がありません。

シェルパ達は、昨日と今日の2回もキャンプ2 7000mに荷上げに行ってくれて、酸素ボンベ、テント、ガスが全て上りました。

アドバンス・ベース・キャンプ5700mに帰着して、ランチを頬張りながらKさんが「昨夜も今朝も、ほとんど食べられなかったのに、たった数時間でこんなに食べれるなんて!」と驚いています。
みんな苦しい2晩を過ごし、登頂に向けて高度順応完了です。
posted by ryuseki at 18:15| Comment(1) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

ヒマラヤの休日パート2 

DSC09904.jpgDSC09906.jpg
今日は、悪天候の予報だったので、全員休日の予定でしたが、朝起きると晴れていたので、シェルパ達はキャンプ1へ2回目の荷上げに行ってくれました。
朝6時過ぎに出発し、パサン・テンディとペンバ・テンジンの2人の若手シェルパは、10時前には、戻ってきました。
約3時間半でキャンプ1を往復、脅威的なスピードです。

隊員は、明日以の高度順応に向けて準備を進めています。上部キャンプで食べる高所食を並べて、品定めです。

昼過ぎから大粒の雪が降りだしました。明日の朝までにどれぐらい降るのでしょうか。
あまり積もらなければ、明日から2泊3日の予定で、7000m台の高所順応を目指して出発します。
posted by ryuseki at 21:19| Comment(0) | 2016チョー・オユー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする