2016年08月27日

レーニン・ピーク登山隊2016 登頂データ

s-DSC09524.jpg
レーニン・ピーク登山隊2016は、本日までに隊員全員が帰国し、終了しました。
既にご報告している通り、不順な天候に翻弄されながらも、Iさん、Mさん、アンドレイ、フセイン、竜石の5人が登頂することができました。8月22日の最終登頂日に、掴んだ好天でした。

昨年のカザフスタンのハン・テングリ登山にて、キルギスのガイドから強い誘いを受けて、始まったレーニン・ピーク登山です。中央アジア7000m峰登山の第2弾となりました。
危険な個所も、難しい個所も少なく、ベース・キャンプ(3600m)やキャンプ1(4400m)の設備も充実していて、世界で最も登り易い7000m峰の一つでしょう。

今回は、2名の現地ガイドを雇用しましたが、ロシア系のウズベキスタン人とカザフスタン人でした。2人とも英語がほとんどできず、ロープ・ワークや安全管理に不安があり、ガイドとしてのレベルはまだまだという感じでした。ベース・キャンプ(3600m)やキャンプ1(4400m)は、設備も充実していて快適なのですが、キャンプ2(5300m)やキャンプ3(6200m)は、設備も場所も悪く、次回は改善を図りたいところです。

レーニン・ピーク 標高7134m
レーニン・ピークのあるパミール山脈は、ペルシャ語で世界の屋根を意味し、キルギス、タジキスタン、中国ウイグル、アフガニスタンの4ヶ国にまたがり、3座の7000m峰と無数の6000m峰を大山脈です。最高峰はイスマイル・ソモニ7495mで、レーニン・ピークは2番目に高い山です。
登山適期 7月と8月 7月と8月の2カ月間、キルギスのエージェントにより、ベース・キャンプとキャンプ1が常設されるので、その期間が登山期間となる。現在大中五社ほどがベース・キャンプとキャンプ1を設営しているので、いろいろ調べて決めると良いと思う。
標準的な登山期間 ビシュケク発着21日間 これは現地エージェントが出している標準的な日程。私たちは、今回3日加えて24日間の日程を組んだ。

ネパール、インド、中国などと比べると、明らかに登山し易い環境が整っています。エキゾチックな中央アジアの雰囲気も味わえて、国も豊かで、人も良く、食事も美味しかったです。
是非、また行きたいと思っています。
来年8月に企画しますので、興味のある方は、早めにお問い合わせください。
posted by ryuseki at 00:55| Comment(0) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

レーニン・ピーク登山隊2016報告 そのA

烈風吹き荒れるキャンプ3(6200m)から、いよいよ頂上に向けて出発。
s-DSC09526.jpg

朝焼けの頂上稜線。
s-DSC09424.jpg

パミール山脈の山々を背に、広い頂上稜線を登っていきます。
s-DSC09475.jpg

7000m付近からの頂上。いくつもの偽ピークを越えれば頂上です。
s-DSC09499.jpg
posted by ryuseki at 23:52| Comment(0) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーニン・ピーク登山隊2016報告 その@

ベース・キャンプ3600m付近は羊や牛の放牧地。お花畑のハイキングから登山はスタートします。
s-DSC09620.jpg

キャンプ1(4400m)へは、馬で荷上げです。
s-P8070830.jpg

巨大なキャンプ1(4400m)のテント群。目の前がレーニン・ピークです。
s-DSC09349.jpg

キャンプ2(5300m)に向けて広大なレーニン氷河の源頭をの登っていきます。
s-P8090853.jpg

キャンプ3(6200m)に向けて、雪のリッジを登っていきます。
s-P8190883.jpg
posted by ryuseki at 23:47| Comment(0) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

さようならレーニン・ピーク

2016082422271200.jpg2016082422270000.jpg
登頂証明書を貰いました。僕は今年の150人目の登頂者でした。例年は200人以上登頂するので、8月に入ってから天候不順を物語っています。
レーニン・ピーク最終日は雲一つ無い、最高の登頂日和でした。
posted by ryuseki at 01:42| Comment(0) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

レーニン・ピーク7134m 登頂しました。

2016082317041200.jpg2016082317050900.jpg
8月21日にレーニン・ピーク7134mに登頂しました。
不順な天候に悩まされ、キャンプ1 4400mで6日間天候待ち、キャンプ3 6200mでも1日停滞し、最終登頂日にやっと好天をつかみ、登頂することができました。
午後2時10分にまずはM さんとアンドレイが、そしてI さんとフセイン、最後に竜石が登頂しました。
先程、全員無事ベース・キャンプ3600mに下山しました。
応援ありがとうございました。
posted by ryuseki at 21:54| Comment(1) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

ペトロフスキー・ピーク4600m

2016080615540700.jpg
頂上の雪の手前4400mまで登ってきました。
posted by ryuseki at 19:04| Comment(0) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

レーニン・ピーク・ベース・キャンプ3600m

2016080515420300.jpgP8050796.JPG
4100mの峠まで行ってきました。噂通りお花が咲き乱れています。これでもシーズンは終わっているそうです。
posted by ryuseki at 19:05| Comment(0) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

キルギス パミール山脈 レーニン・ピーク登山隊2016スタート

今朝、キルギスの首都ビシュケクに全員が集合して、レーニン・ピーク登山隊2016スタートです。
まずは、買い物。ビシュケク最大のツムデパート。
s-DSC09309.jpg

お昼は早速キルギス料理を楽しみました。
去年のカザフスタンと違って羊肉もビールも美味いぞ〜!
キルギスな雰囲気の良いお店です。
s-DSC09316.jpg
s-DSC09329.jpg
posted by ryuseki at 19:03| Comment(0) | 2016レーニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

南米チリ最高峰オホス・デル・サラド登山隊2016募集開始

ss-RIMG0381.jpg
「南米チリ最高峰オホス・デル・サラド登山隊2016」の募集要項ができました。
南米チリ最高峰 アタカマ砂漠の目
砂と、塩と、湖だけの地球離れした世界プーナ・デ・アタカマ
チリワインと魚介類

s-DSC06815.jpg
登山期間は、2016年11月27日(日) 〜12月9日(金)チリ・サンティアゴ発着13日間
ガイド費用は、¥1,100,000.-です。

ご興味ある方は、メールでお知らせください。
ryuseki@k2.dion.ne.jp
お名前、ご住所、電話番号、年齢、簡単な山歴をご記入ください。
募集要項を送らせていただきます。
既にお問い合わせいただいている方には、数日中にお送りします。
お問い合わせ、お申し込みお待ちしております。
posted by ryuseki at 06:47| Comment(0) | 2016オホス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

ワスカラン登山隊2016 登頂データ

s-DSC09160.jpg
「ワスカラン登山隊2016」既に報告している通り、ワスカラン登山2日目の7月19日に先行していたパーティーに重大な事故があり、ワスカランは5000m付近で登山中止となりました。
前半、雨の中ヤンガヌコ峠4800mとラグーナ69(4550m)のハイキングをこなし、7月11日にイシンカ5530m登頂、7月14日にトクヤラフ6032m登頂と順調に高所順応を重ねました。ワスカラン登山中止後、Tさんとmokohはワラスに戻り、Sさんと竜石は隣にあるチョピカルキ6345mに転進し7月23日登頂しました。昨日までに全隊員が帰国し、無事終了しています。

今年のブランカ山群は、7〜8年振りに雪の少ないドライな状態でした。氷河は氷が剥き出しの個所が多く、概ね悪い状態だったと思います。その分、稜線はキノコ雪があまり発達していなかったので、尾根ルートは登り易かったと思います。写真は、北面のワスカランですが、上部までほとんど雪が無く岩が剥き出しなっていて、登攀不可能のように見えます。どの山も北面の壁は見事に雪がありませんでした。

南米ペルー最高峰ワスカラン 標高6768m
登山適期 6月〜8月 一般的に7月までの方が、氷河の状態が良く暖かい。
標準的な登山期間 高所順応期間を含めてペルー・リマ発着20日間程度。ワスカランで高所順応するのは厳しいので、他の6000m程度の山を登って高度順応してからワスカランに向かうのが一般的です。3000mの登山口から標高差約4000mのを4日間で登り、途中氷河のセラックや氷雪壁の通過します。本格的な登山を志向する方にお勧めの山です。
posted by ryuseki at 09:48| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

チョピカルキ6345m登頂

ワスカラン入山2日目に事故があり、ガイド、ポーター、コックの全てのスタッフがレスキューに向かい、キャンプ・モレーナ5000mで、他の山に転進が決まりました。
s-DSC09064.jpg

チョピカルキ6345m下部のセラック帯。
s-P7230633.jpg

ハイ・キャンプ5500mの夕焼け。
s-DSC09102.jpg

ワスカランの本峰(左)と北峰。写真は下山時。
s-DSC09302.jpg

今年の頂上マッシュルームは、ちょっと小さめでした。
s-DSC09174.jpg

頂上直下を颯爽と登るSさん。
s-DSC09258.jpg

チャクララフ南壁が見事です。
s-P7240680.jpg

posted by ryuseki at 13:49| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワスカラン登山隊2016改めチョピカルキ登山隊2016

2016072409020700.jpg
チョピカルキ6345mに登頂しました。
posted by ryuseki at 00:51| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

ワスカラン・ベース・キャンプ4200m

2016071818144700.jpg
いよいよワスカランがスタートしました。今年は5グループもいて満員です。今日も夕焼けがキレイです。
posted by ryuseki at 08:22| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

イシンカ谷の6日間

野球場のように広いベース・キャンプ4400m。トクヤラフ6032m(左)からパルカラフ6274mが屏風のように聳えています。
s-P7130495.jpg

イシンカ・ハイ・キャンプ4800m。
s-DSC08705.jpg

トクヤラフ・ハイ・キャンプ5300m。元気なSさん。
s-DSC08879.jpg

トクヤラフ頂上台座は、5年振りに左ルートから登頂。
s-P7140531.jpg

トクヤラフ頂上稜線。
s-P7140556.jpg

トクヤラフ6032m頂上。スーパー・ガイド、アグリピーノ・エノストローサ・バルガス。
s-DSC08947.jpg
posted by ryuseki at 12:45| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

トクヤラフ6032m登頂!

2016071409475600.jpg
Sさん、竜石ガイド史上最速4時間で登頂しました。
posted by ryuseki at 23:58| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トクヤラフ・ハイ・キャンプ5300m より

2016071316370900.jpg2016071317010300.jpg
みんな元気に、ハイ・キャンプに入りました。
posted by ryuseki at 07:03| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イシンカ山5530m全員登頂!

2016071314212900.jpg2016071314213800.jpg
一昨日、まずはイシンカに全員登頂しました。
posted by ryuseki at 04:34| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

イシンカ谷

DSC_0846.jpg
イシンカ谷に行ってきま〜す。
posted by ryuseki at 23:39| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

ワスカラン登山隊2016 雨の中スタート!

s-P7080453.jpg
ワスカラン登山隊2016、最初の高所順応ハイキングとして、昨日ヤンガヌコ峠4800m、今日ラグーナ694550mに到達し、順調にスタートしています。がっ、写真の通り雨雨雨。ほとんど山が見えません。
まあ、先は長いので、焦らずに順応していきます。
posted by ryuseki at 08:06| Comment(0) | 2016ワスカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする