2009年12月31日

2009年ありがとうございました。

torituki.jpg2009年も、もうすぐ終わりですね。
今年最後の写真は、3月に行った穂高滝谷のドーム取り付きを見上げるHガイドの写真です。

今年は、山岳ガイドを始めてちょうど10年になりました。
節目の年に相応しく、ガイドとして自分自身の納得のいく仕事ができる環境を作るべく、新しいスタイルで仕事を始めました。

また、10数年ぶりに、谷川岳一ノ倉沢や穂高の滝谷の冬壁を登り、山岳ガイドになって忘れかけていた登山の重要な部分を呼び起こす機会を得ました。

来年も自由な発想で、良い企画を作っていきます。
皆様今年もお世話になり、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
posted by ryuseki at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

木曽駒ヶ岳と宝剣岳縦走


silhouette.jpg
金曜日から年末年始の営業期間に入った宝剣山荘に泊って、木曽駒ケ岳と宝剣岳縦走に行ってきました。
土曜日なのに宿泊者4人だけexclamation
雲海に浮かぶ三ノ沢岳です。


ebihouken.jpg
昨日は夕焼けがとてもキレイで、写真をいっぱい撮ってしまいました。
エビのシッポも夕日にあたると芸術な感じがします。
後は宝剣岳です。


s-RIMG4903.jpg宝剣岳の山頂から北尾根を下り始めるOさんです。
今日は、朝から無風快晴exclamationなのに、木曽駒も、宝剣も貸切です。
下りではOさんもトレースの無い雪稜を果敢にラッセルしてもらいました。
雪山の醍醐味を味わってもらえたかな。

《木曽駒ヶ岳と宝剣岳縦走》
体力1 技術3 経験2 装備3 根性1
posted by ryuseki at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

宝剣山荘より

R0010855.JPGR0010854.JPG
今日もまた宝剣岳に来ています。
天気予報どおり晴れてきました。
風が強いです。

週末なのに写真の人がもう1パーティーだけです。

今日は夕陽がキレイでした。
posted by ryuseki at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

宝剣岳サギダル尾根

sagidalone.jpg
宝剣岳サギダル尾根に行ってきました。

最後の雪稜を登るKさん。
雪稜~雪壁~岩稜~雪稜と素晴らしい冬季登攀ルートですが、眼下には千畳敷ホテルが見えます。



sennjyoujikitunnel.jpg
千畳敷ホテルの目の前が取り付きです。
千畳敷ホテルの出口でアイゼンを付けるKさん。
ここで、ロープも付けて出発です。
なんかミディの出口みたいです。


sagidalkasira.jpg
サギダルの頭でバンザーイexclamation
背後は、宝剣岳。
時間切れで宝剣岳まで行けませんでしたが、最高の天気に恵まれ、登りも下りもラッセルで、充実した登山でした。
広い千畳敷カールを貸切登山。
やっぱラッセルしてこそ雪山登山です。


hoken&sagidal.jpg千畳敷ホテルから宝剣岳(右)とサギダル尾根(左)です。
手軽にロープウェイでアプローチして、快適ホテルに泊り、この雄大な景色です。
もっと登りに来るべき所だと、改めて思いました。
眺めるだけの観光客の皆さんに独占させるには、もったいない。

《宝剣岳サギダル尾根》
体力2 技術3 経験2 装備3 根性2
posted by ryuseki at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

駒ヶ根より

R0010780.JPG白馬ほどではないけど、駒ヶ根も雪多いよ~。
駐車場もこの通り。

posted by ryuseki at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

初滑り

R0010775.JPGR0010776.JPGいつもの所に来ています。
この時期としては、すごい雪っス。
ゲレンデでもモッサリパウダー三昧(^o^)

posted by ryuseki at 15:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

アマダブラム登山隊2009のCD

amadablamCD.jpgアマダブラム登山隊2009のCDができました。
帰国してから、もう1ヶ月たってしまいました。

表紙は、 パンボチェから望むアマダブラムにしました。ニシキギに似た低木の紅葉と、青い空とアマダブラムとのコントラストがとても印象的だったので。

明日発送いたします。
もうしばらくお待ちください。

最後はアマダブラムのグレーディングで締めたいと思います。
アマダブラム(6,856m)
登山適期 10月~11月のポストモンスーン
標準登山期間 約30日間
体力3 技術5 経験4 装備4 根性3

C1(5,700m)から上はほとんど歩くところが無く、常に岩と氷の登攀になります。岩や氷に慣れているかどうかがとても重要なので、技術を5にしました。
ネパールの環境と期間の長さを考慮して経験は4、かなり寒いので装備は4にしました。
posted by ryuseki at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009アマダブラム | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

備前焼

SN3E0109.jpg備中に来たけど雨なので…
備前焼の収集家のご自宅にお邪魔してます。
奥が深いな~


posted by ryuseki at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

12月19日(土)~21日(月)甲斐駒ヶ岳黄蓮谷アイスクライミングのお知らせ

s-15アルパマヨ南西壁フレンチダイレクトルート5,800m付近.jpg12月19日(土)~21日(月)の日程で「甲斐駒ヶ岳黄蓮谷アイスクライミング講習会」を募集いたします。

甲斐駒ヶ岳の北面にダイレクトに突き上げる、日本を代表するアイスクラミングルートです。
アイスクライミング、雪壁&雪稜のラッセル、夜間&長時間行動など、雪山登山のエッセンスが満載です。

1日目は、入山です。
2日目は、黄蓮谷の登攀です。暗いうちに出発して12時間以上行動を予定しています。
3日目は、下山です。

料金は、7万5千円です。
集合は、12月19日(土)午前9時に小淵沢駅です。
宿泊は、七丈小屋です。
定員は2名様です。
アイスクライミングと岩登り経験者が対象です。

《甲斐駒ヶ岳黄蓮谷アイスクライミング講習会》
体力4 技術3 経験3 装備4 根性3

ご興味ある方は、メールでお知らせください。
ryuseki@k2.dion.ne.jp
ご案内を送らせていただきます。

写真は、アルパマヨ南西壁のアイスフルートを登るFさんです。
「アルパマヨ登山隊2010」来年7月に予定しています。

この登山の先に、きっとこんな山があります。


posted by ryuseki at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ガイド山行募集 | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

キウイ式氷河技術講習会@八ヶ岳

uradosin.jpg1泊2日でキウイ式氷河技術講習会の実践偏を八ヶ岳で開催しました。
マウント・アスパイアリング目指して、アイスクラミングを中心に技術講習です。

写真は、裏同心ルンゼF2を登るTさん。
昨日のミゾレで樹氷がきれいでした。
posted by ryuseki at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

仙涯嶺頂上より

SN3E0105.jpg冬の南駒遠いな~
思ったより雪多いし~
これにて退却~
残念

posted by ryuseki at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする

越百山頂上より

SN3E0102.jpgまずは一つ目。
昨日の雪でエビの尻尾がきれいです。

posted by ryuseki at 08:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする