2011年05月31日

エベレスト・デイ

DSC00807.jpg
一昨日は、エベレストデイだったそうです。
記念式典があって、その日に申請すると、登頂証明書が即日発行されると聞いて、早速申請してきました。

じゃじゃ~ん!
登頂証明書、出ましたよ。
やはりすぐもらうと嬉しいっすね。
posted by ryuseki at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

とうちゃん、なべさん、ありがとうございました。

DSC00244.jpg
今日、とうちゃんとなべさんが、帰国の途につきました。
バンコクを経由して、明日の朝には関西空港に到着します。

とうちゃん、なべさん、本当にありがとうございました。
世界最高峰、エベレスト登頂は、本当に長かったですね。
体全体がすごく疲れていると思います。
日本に帰って、十分静養してください。
最低でも1月ぐらいは、休養しないといけないと思います。

過去のブログ記事を見ていたら、エベレストBCに写真がちゃんと写っていないのを発見しました。
改めて記事に挿入します。
写真に写っているのは、エベレストBCの中心街で、全体の1/5ぐらいでしょう。
今年のエベレストBCに滞在人数は1000人を超えたそうです。
本当に大きな村のようでした。

真ん中少し左の青い長屋のようなテントがNHKのテントです。
彼らは今日生中継があり、まだBCに滞在しています。
左のジャックドグローブ隊も、右下のエイシアントレック隊も、すでにBCを引き払っているので、きっと彼らだけBCに取り残されているんだろうな。
ご苦労様です。
posted by ryuseki at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

何もしなくて良い@カトマンズ

DSC00756.jpg

無事飛行機が飛んでカトマンズに戻りました。
お昼はタメルの桃太郎に行って乾杯しました。
とうちゃんも、なべさんも、4月3日にカトマンズを出発して以来のビール。
帰りにフライングして缶ビール飲んでいたのは竜石だけです。
やっぱビール美味しいですね。

3人で、冷奴3つ、親子丼、カツどん、天丼、しょうが焼き、コロッケ、きつねうどん、などをぺロッと食べて、僕はその後、チョコレートケーキとカフェラテで閉めました。
それでも、まだまだ何か食べたい感じです。

とにかくひたすらお腹が空くのも、高所登山のいつもの後遺症です。
まあ数日は食べまくって良いことにしています。

写真は、キャンプ4のなべさん。
天気が回復してるのに座ったまんまだったなべさんが、出発間際に記念写真を撮らせてくれました。
今は何もしなくて良い世界に戻ってきたんだから、ガンガン食べて回復しましょう。
「ヒラリーステップの下まで行ったなんて、なべさん すごいよ。」って中尉さんも言ってます。
僕もそう思います。
posted by ryuseki at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

もう歩かなくて良い@ルクラ

DSC00776.jpgDSC00627.jpg
ルクラ2840mに着きました。
短パンTシャツです。
いつもヒーコラ言わされるルクラの坂も、今回はスイスイ登れました。
世界で一番大きな山を登ったからだなと、納得しています。
明朝には、飛行機に乗って大都会カトマンズに帰着します。

ヒマラヤ遠征の最後にいつも思うことは、「もう歩かなくて良い」です。
今回は4月2日にカトマンズを出発して以来、約2ケ月、毎日毎日歩いてきまし
た。
後半、日本の食べ物と一緒に思い浮かぶのは、車を運転している自分でした。

C2からの下山の朝、こんな鰯雲が空いっぱいに広がりました。
エベレストもローツェも雪煙バリバリで、季節の終わりを感じながらの下山と
なりました。

アイスフォールの崩壊もどんどん進んでいて、この写真の左後ろのセラックは
無くなってしまったようです。
29日には、国立公園局のアイスフォール工作隊「アイスフォールドクター」
も撤収作業に入るそうです。
撤収って何するのって聞いたら、使えそうな梯子を撤去して次のシーズンに使
うんだって。
フィックスロープがあるから登り降りは何とかできるんだろうな。

そんな中、昨日はNHKグレートサミッツの撮影隊が、今日はAG隊が登頂した
様子です。
みんな早く下山して美味しいビールでも飲もうね。
カトマンズで待っています。
posted by ryuseki at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

空気が濃い!暖かい!@モンジョ

DSC00679.jpgDSC00683.jpg
今日もがんばってモンジョ2840mまで降りてきましたよ。
空気が濃いし、暖かい!
裸足で、シャツ1枚で、ビール飲んでしまっています。
1月振りのビールって本当にうまいっす。

写真は、7800m付近のなべさんとととうちゃん。
そろそろ普通のおじさんから、高所登山戦士に変身するころです。
C3からC4も、傾斜があって8時間以上かかって結構大変でした。
イエローバンドって呼ばれている10mぐらいの岩場があります。
となりのヌプツェはもうちっちゃくなってしまいました。
posted by ryuseki at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

空気が濃い!@デボチェ

DSC00733.jpgDSC00750.jpg
朝の9時半から夕方の5時半まで、ひたすら歩いて歩いて。
途中で雨に濡れても、ひたすら歩いて歩いて。
標高3800mのデボチェまで1日で降りてきましたよ。
やったー、空気が濃い!
「深呼吸とかしなくてええんや」ってご飯たべながらなべさんがつぶやいてま
す。
深呼吸なんて全然いらないっすよ。

どんなに順応したって5300mにいると、やっぱりいろいろ大変なんですよ〜。
だから3800mが本当にうれしい!
よ〜っし、明日も1000m下るぞ〜

写真は、空気がとっても薄い、サウスコルのC4(7900m)の写真。
基本的に風も強いし、全然長居なんかできません。
登頂の翌日、明け方までは外に出られないくらい風が強かったので、テントの
窓から厳しい感じの写真を撮りました。

2ショットの写真は、とうちゃんと僕です。
日が昇りしばらくしたら風が止んで、大喜びで写真撮影をしました。
後ろはもちろんエベレスト頂上ですよ。
ここでは、ダウンスーツに酸素マスクと酸素ボンベが普通です。
こんな宇宙人みたいな連中しかいないなんて、変な世界です。

今日の夕食時の話題は、アタック前日にいかに食べられなかったかでした。
アタック前日の夕食。
竜石、アマノフーズのにゅうめん2つとコーンスープ。
とうちゃん、アマノフーズのにゅうめんとおこげのスープ。
なべさん、ショッツエナジージェル3個だけ。

結局みんな流動食みたいなものしか食べれてないんですよね〜。
ご飯がおなかいっぱい食べれる幸せを噛みしめてます。
posted by ryuseki at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

岩が落ちました!

DSC00785.jpgDSC00791.jpg
「ドッゴ〜ン!」夕方5時、BCに轟音が響き渡りました。
あの巨大テーブルストーンがとうとう落ちました!
みんなが駆け寄り、代わる代わる記念撮影して、喜びあいました。

上から見ると、岩の上の人が小人みたいに見えません?
本当にでかいテーブルストーンだったのが、解るでしょう。
登頂後の春の訪れを感じさせる大事件。
これで登山シーズンが終わるんだなって、みんなが思いました。

そういうわけで、夜はみんなでお祝いしました。
チリンが得意のケーキを焼いてくれました。
エベレスト登頂祝いケーキ。
当然切るのはとうちゃんです。

今朝6時に起きたらC1への荷下げを終えて、みんなが帰ってきてました。
これで荷下げも完了して、登山活動も全て終了です。

テーブルストーンも落ちたし、お祝いもしたし、荷下げも終わったし、
ヤクも来たし、明日にはBCも撤収します。

日本人は、これから出発することになりました。
撤収作業に、日本人は邪魔だし、下山のスピードも違い過ぎるから。

今日はパンボチェまで、明日はナムチェ、そして明後日ルクラの予定です。
順調に行けば27日にはカトマンズに到着します。
posted by ryuseki at 10:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

とうちゃん、エベレスト登頂おめでとうございます。

DSC00732.jpgDSC00728.jpg
こんなチベット側に張り出した雪庇状の上が、エベレストの頂上なんですよ。
ヒラリーステップを越えると、なだらかな片雪庇の稜線に出ます。
これがなかなか長くて、行けども行けども先に偽ピークが現れます。
稜線の先に頂上に立つとうちゃんを、発見したときは本当にうれしかったです。

エベレスト頂上のとうちゃんと僕です。
間に合いました。一緒にエベレスト頂上でバンザイできました。

前日の10時半に7900mのC4を出発して11時間後の頂上です。
快晴微風、今シーズン最高の天気を当てることができました。
この日の登頂者は180人以上に上ったそうです。
温かく衛星電話を素手で操作できるほどでした。


10時過ぎに下降を開始して、C4に帰着したのは、夕方の16時。
思った通り、下降も大変でした。
途中でなべさんに追いつき一緒に降りてきましたが、2人とも懸垂下降1ピッ
チ中に数回休む程。
本当にお疲れでした。
posted by ryuseki at 02:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

なかなか近づかないエベレスト頂上

DSC00698.jpgDSC00718.jpg
下山してから、訪問客の対応や、BC撤収の準備で忙しいです。
昨日はさすがに睡魔に負けて、写真を全部見ることもできませんでした。
明日の早朝には、荷下げも終了し、BC撤収の見通しも立ちました。

写真1枚目は、8500m付近を登るなべさん。
背後は、右がローツェ、左奥がマカルーです。
雲海が広がり7000m以上の山だけが、周りに顔を出していました。
6時間以上暗闇を登り、やっと朝焼けです。

そして、7600m付近からのいやらしいミックス帯を抜けて写真2枚目が、サウス・
サミット(8750m)から望むエベレスト頂上です。
真ん中辺のリッジに渋滞ができている岩場がヒラリーステップ。
この数メートルの岩場を越えるのに、みんな時間がかかってしまいます。
なべさんは、残念ながらこの下までとなりました。

前日の夜11時に7900mのC4を出発してから11時間。
この日、なかなかペースの上がらなかったなべさん。
準備に手間取り出発がとうちゃんより30分遅れてしまったり、マスクが凍って
しまったり、とても大変でした。
posted by ryuseki at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

全員登頂になりませんでした。

BCに戻りました。全員元気です。
今回、新しく買っていったインマルサットの衛星電話がほとんど繋がらず、ご
連絡が滞ることが多く申し訳ありませんでした。

5月20日に全員登頂と報告いたしましたが、なべさんは5月20日午後9時

0分ごろにサウスサミット8750mに登頂し、少し先のヒラリーステップの
下まで行き、時間切れのため下山いたしました。
頂上まで標高差で100m、時間にして1〜2時間の距離での下山となり、苦
渋の決断だったと思います。

下山を決めた時のなべさんは、周りの景色を楽しむ余裕もあり、周りの状況も
覚えており、まだ余裕があったかもしれません。
それでも、シェルパの下山の薦めに応じて、下山を決めていただきました。

酸素補給機を使用しない登山における残りの1〜2時間は、もう少しがんばれ
ば登れる領域かもしれません。
しかし、酸素補給機を使用した現在の8000m峰における公募登山隊におい
ては、1〜2時間の延長は酸素が無くなる可能性があり許容できない領域なの
です。
特にエベレストの場合、ガイドもシェルパも、酸素補給機無しでは、1時間程
度しか生きられないので、もしも酸素が無くなってしまった場合も、自分の酸
素を差し上げることもできません。
それ故に、計画に基づいて行動していただき、下山時間については、幅はある
ものの厳格に守っていただくようお願いしています。

間違った報告をしてしまい申し訳ありませんでした。
今は、全員がケガや凍傷なども無く、無事元気にBCに戻れたことを、喜びた
いです。
posted by ryuseki at 20:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

BCに無事帰還(本部より経過報告)

先ほど、14時半(日本時間)に、竜石からやっと連絡がありましたわーい(嬉しい顔)
無事、ベースキャンプ到着です。

これで、高所靴を脱げます。
シャワーも浴びれます。
自分専用のテントで一人でゆっくり寝れます。
コーヒー豆を挽いておいしい一杯が飲めます。

とにかく、みんな無事下山しましたので、本部の役目も一段落です。

応援してくださってるみなさまも、お疲れ様でした!!
posted by ryuseki at 15:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

C2到着(本部より経過報告)

タムディンから連絡がありました。

とうちゃん、なべさん、竜石は現在C2まで下りてきています。
酸素ボンベのいらない標高にいます。
みなさん、十分お元気な様子です。
明朝にBCに降りてくる予定です。

残念ながら、衛星携帯電話からの連絡は入りません。
どうやら故障のようですね。

竜石チームの登頂をサポートしてくれたシェルパさんは
カトマンズからずっと一緒にいてくれた、パサンと、
ロブチェに一緒に登ってくれた ダワだそうです。

会って直接お礼が言いたいですね。
posted by ryuseki at 17:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

C4に戻っています。

なかなか報告がすぐできなくて申し訳ありません。
やっぱり、BCにいた方がいろいろとスムーズです。

すでに、竜石チームはC4に到着済み。
長い一日でしたから、とても疲れているようですが大丈夫なようです。
直接声が聞けないので、ホント残念です。
「登ったよ~!!」って報告したいでしょうにね。。。

明日21日にC2まで下山予定です。
早く、写真とコメント発表してもらいたいですね~!!
posted by ryuseki at 21:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

登頂です!!

報告が遅くなって、ホントご心配おかけしました。
やっと、連絡が来ました。

全員 登頂です!!
とーちゃんも、なべさんも、竜石も、
そして、インドネシアチームも、
親分隊のHIMEX隊も、全員です!!

すべての人に、幸運がもたらされました。 よかったぁ~

登頂時間は今から約1時間前の10時半だったそうです。
やっぱり、下界の天気が悪いので通信状態がよくないようです。

でも、とりあえず、よかったよかった。
遅くなった原因は、今日の登頂者が100人以上いたからでしょう。
ヒラリーステップは大渋滞だったようです。
なにしろ、昨日敗退組も加わってしまいましたから。
でも、天気がよかったってことですから、仕方ないですね。

あとは、下山です。
お祈りを続けます。

ウェブカメラ、すぐ曇ってしまいましたね~。
6時ころはくっきりエベレストが見えていたんですけど。
でも、BCより上は天気がいいってことがわかって、よかったです。

みなさん。応援とお祈り、感謝しています。
ありがとうございます。
posted by ryuseki at 14:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

サウスサミットです!

経過報告です。
今タムディンから来たメールによれば、
チーム竜石はサウスサミット、8750m付近まで来ているそうです。

皆さん、どうか昨日取り付けられたばかりのウェブカメラ見てください!!
http://www.evk2cnr.org/WebCams/PyramidOne/everest-webcam.html
いい天気です。
風もなさそうです。
がんばれ~ ゆっくりゆっくり、しっかり酸素を取り込んで歩いて~!!

昨日登った隊のブログによれば、
8650m付近から始まる100mほどの斜面が一番大変でキツイところらしいです。
かなり急な岩むき出しの斜面で、アイゼンがギリギリいうらしいです。
そこを乗り切ればサウスサミットです。

サウスサミットからはヒラリーステップという岩場を登れば、頂上です!
このヒラリーステップ、例年より雪がしっかりついていて登りやすいそうです。
(例年に比べて。。。ですけどね)

同じ隊のインドネシア人(誰かなぁ~たぶんブルーリー)が隊長とシェルパさんと5時半にサミットしたとのことです。 まずは、おめでとう!

さぁ、竜石チームもがんばれ~

皆さんのお祈りありがとうございます!!
おかげで、あんなにいい天気です。
あああああ ホントにありがとうございます。
今日一日、サウスコルのC4に戻ってくるまで、よろしくお願いいたします!!
posted by ryuseki at 10:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

今晩アタック出発です!

応援してくださってる皆様へ

やっとタムディンと連絡つきました。
とうちゃんもなべさんも竜石も今はキャンプ4にて、今晩の出発に備えています。
たぶん下界の天気が悪いせいでしょう。電話はつながりません。
様子を直接聞きたかったですが、もう、信じるしかありません。
今晩9時から10時(現地時間)の間にキャンプ4を出発し山頂に向かいます。

今日19日は登頂ラッシュだったようです。
アドベンチャーコンサルタンツのブログによれば、64人がアタックしているとのこと。
(半分以上はシェルパさんたちでしょうけど)
昨晩の出発時は風が強く、断念したチームもいたようですけど、
予報通りに風は弱まって、途中無風快晴の時間帯もあったそうです。
知らない人たちが登っているのに、今日は早朝からパソコンの前で冷や冷やドキドキしながら
各隊のブログの更新を待ち続け、彼らの登頂を祈り続けました。

あぁ~明日の早朝からは我らの隊の番です。
ちょっと胃が痛いです。

神様、登頂を目指すすべてのクライマーさんたちに幸運を与えてください。
ここまでの彼らの苦労が報われますように!!
posted by ryuseki at 15:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

本部より経過報告

すみません!昨日は何も更新できませんでした。
先ほど、タムディンからメール報告がありました。
今日18日、メンバーはC3に向かったそうです。
昨日はC2までダイレクトで登るというハードスケジュールでしたが、調子はいいのでしょうね。
疲れてたら、C2に滞在する予定でしたから。
お天気の方は、C2~C3付近は雪が降ったり止んだりみたいです。
とにかく、一番いやなのは風ですが、風は弱まっています。
登頂予定の20日朝の風速予報も緩いままです。
頂上ではドッピーカンではなかったとしても、風はない方がいいですよね。
登頂者たちがBCに戻ってきて、いろいろと様子がインターネット上に流れていますが、
かなり苦労したようですね。風と寒さに。。。
皆さんのお祈りが届きますように! (私のも!!わーい(嬉しい顔)
posted by ryuseki at 11:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

やっぱり再出発です。

DSC00630.jpg
なかなか読みにくい天気が続いています。
降雪予報も、パラパラ降るだけなのか?どっと降るのか?
標高は5000m付近なのか?8000m以上なのか?
何日も先のことを予報することは、本当に難しいのだと思います。

今日は、ジャックドグローブ隊の6人が登頂に成功しました。
彼らは僕らと一緒にC3から下降したメンバーです。
BCに降りずC2で待機しながら好天を伺い、成功しました。

降雪予報は出ているのですが、上空のサミットウィンドウは開いたようです。
明日早朝、再出発します。

今朝のとうちゃんは「疲れが取れた感じがする」って言ってました。
なべさんも「今日は昨日とは全然違う」って。
今朝の延期が登頂に向けて良い休養になったと信じています。

明日はC1(6100m)を飛ばしてC2(6500m)にダイレクトに入ることにしました。
BCから標高差1200mですが、今のとうちゃんとなべさんの高度順応なら、
十分こなせるでしょう。
そして、18日C3(7300m)、19日C4(7900m)、
20日の早朝にエヴェレストの頂上8848mに登頂する予定です。

最強シェルパチームも、全員が登頂に向けてスタートします。
いつものようにダイニングテントの前で日向ぼっこをしている彼らに、
明日の出発決定を告げると、喜び勇んでくれました。
今までは荷上げのローテーションとかあって、なかなか全員揃っていることが
無かったのですが、今日は全員8人一緒の写真が撮れました。

明日から、気負わず、一つ一つ確実に、冷静に頑張ってきます。
posted by ryuseki at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

再出発延期します。

午後に確認した新しい天気予報では、大雪の可能性が加わりました。
一度は再出発を決意したのですが、天気予報が2転3転する状況なので、明日
の再出発を延期することにしました。
kana-catさんの言うとおり一筋縄ではいかないようです。
posted by ryuseki at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

頂上に向けて再出発!

everestC2.jpg
昨日降りてきたばかりですが、明日の早朝、再出発します。
あと数日、美味しいものを食べて、ゆっくり寝て、休養したいのですが、天気
が待ってくれそうにありません。
前回は8日に強風が吹きC2のテントが飛んでしまい、出発が1日遅れて一番
天気の良い13日を逃しました。
今度はそうならないように明日出発することにしました。

とうちゃんも、なべさんも、7300mに宿泊してきたのに、前回の順応の時
とは比べ物にならいぐらい元気です。
だからもう一踏ん張りして、20日の登頂を目指します。

16日C1(6100m)、17日C2(6500m)、18日C3(7300m)、19日C4(
7900m)、そして20日の早朝にエヴェレストの頂上8848mに登頂する予定です。
今度こそ、どうか僕らに好天をください。

写真は、C2のキッチンテントにて、ダイニングテントが無くなってしまった
ので、インドネシア人チームとそのガイドの倉岡さんと一緒にギュウギュウ詰
めです。
全員お揃いのマーモットの8000mダウンスーツでエベレストに登頂するぞ
〜!
posted by ryuseki at 17:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 2011エベレスト | 更新情報をチェックする