2012年01月31日

エクアドルのCD

s-ChinborazoCD.jpg
エクアドルの写真をCDに焼いて、皆様にお送りしました。
今回の盛りだくさんの内容だったので、盛りだくさんな表紙を作りました。
写真を選んでいると、もう遠い昔のような感じもするし、昨日の事のようにも思えて、不思議な感じです。

2012年01月29日

輝山(2063m)

s-RIMG0604.jpg
冬型の大雪を避けて、輝山に行ってきました。
天気も良くて、雪も良くて、ずっと膝から腿のパウダー。
小さい山ですが、オープンバーンが多くてなかなかでした。
posted by ryuseki at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

初滑り

NCM_0022.JPG
もうスキーシ-ズン中盤ですが、やっと初滑りです。
近所のリフトが3本しか無いスキー場。
八ヶ岳周辺としては、雪は凄くの多いです。
人は少なく、このリフト貸し切りです。
posted by ryuseki at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

マ−モット2012FW展示会

NCM_0018.JPG
マ-モットの来年の冬物の展示会です。
お店の人たちって、もう来年の冬の商品の事考えてるんですよ。凄いですね~。
最近僕もやっと、来年のウェアの事考えられるようになってきました。
posted by ryuseki at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山道具 | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

東京です。

NCM_0015.JPG
昨日帰国して、今日はガイド協会に来ています。
日本山岳ガイド協会は、おにぎりマ-クです。
国際部っていうのがあって、国際ガイドは、みんな国際部。
posted by ryuseki at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

オートロ・プラネッタ

RIMG0482.jpg
砂漠にいると、単純になってくる。
朝夕のキレイな空や、満天の星を眺めているだけの生活。
風が吹けば砂だらけになって、昼間は暑くてゴロゴロしてるだけ。

ラグーナ・ベルデに3ヶ月も滞在している運転手のエルナンドさんが、
「オートロ・プラネッタ(他の惑星)」って何度も言っていた。
4WD車を駆使して、この地球以外の場所を縦横無尽に行き来するエルナンドさんは、
とても優しくて頼もしい、他の惑星の人でした。

2012年01月19日

セロ・マルモレホ(6018m)とボルカン・サン・ホセ(5856m)

RIMG0512.jpg
サンチャゴに戻りました。
サンチャゴは、チリの首都で大都会なのに、6000m峰が望めます。
セロ・マルモレホとボルカン・サン・ホセの麓まで偵察に行ってきました。
サンチャゴの中心から地下鉄に乗り30分、そこからバスで2時間で麓の村に到着です。
順応が出来ていればサンチャゴから2泊3日で登れる6000m峰です。
日本からでも1週間で登れてしまいそうです。

2012年01月18日

やっぱり温泉 ラグーナ・ベルデ

DSC00883.jpg
応援メッセージありがとうございます。
登れなかったのは超悔しいのですが、登山と天気は仕方無いと割り切っています。
プーナ・デ・アタカマ砂漠は、チベットやラダックに負けないぐらい凄い辺境の地でした。
たった5日間でしたが、砂漠を堪能しました。

ベースキャンプとなるラグーナ・ベルデの温泉。
ワイルドですが、温めでなかなか良いです。
やっぱり下山後は、温泉でした。

2012年01月17日

オホス・デル・サラド(6893m)

RIMG0457.jpg
コピアポに戻りました。
残念ながら登頂できませんでした。
最も寒く、最も風の強い日を、登頂日に選んでしまいました。
チンボラソから続いて、天気に恵まれ無い星回りのようです。

南米で最も辺境な山域。
周囲200kmは、全て砂漠と山です。
水も食料も燃料も全て、コピアポで用意していきます。
日程の延長などは出来るわけも無く、敗退が決まりました。

写真は、6400m付近の朝焼け。
強風の中、頑張って登っていました。

2012年01月11日

インフレの街 コピアポ

RIMG0346.jpg
キトから南に3000km、チリのコピアポに来てます。
観光とか登山とかとは、程遠いアタカマ砂漠の鉱山の街です。
それでも、チリ最高峰オホス・デル・サラドから300kmの一番近い街なのです。

最悪!金銀銅の高騰により、超インフレ。
何で高いし、食事も不味いし、汚いし。
登山許可だって160ドル!
アメリカ人の観光客達も、みんな困っているようです。

それでも何とか明日から入山できそうです。
明日には登山許可が出るって言ってるけど、本当に出るのかな?

写真は、生ビール3L。
美味しいのは、クリスタルビールだけ。

2012年01月10日

南米五大峰完登 おめでとうございます。

DSC02606.jpg
青空山岳会さんこと、よっちゃんが昨日チンボラソに登頂して、
南米五大峰を完登しました。
おめでとうございます。

南米五大峰とは、
アコンカグア(アルゼンチン)
オホス・デル・サラド(チリ)
ワスカラン(ペルー)
サハマ(ボリビア)
チンボラソ(エクアドル)
この5つの国の最高峰のことです。

よっちゃんと初めて会ったのが2002年のアコンカグア。
そして、2008年のサハマで初めて一緒に登頂しました。
その後、ワスカラン、アルパマヨ、マウントクック、マナスルとご一緒して、
今回のチンボラソ登頂となりました。

登頂に対する強い意志と、何事も貪欲に楽しむ姿勢には、感銘を受けます。
おめでとうございます。

2012年01月09日

チンボラソ・コトパクシ・カヤンベ登山隊帰国

RIMG0303.jpg
隊員の皆さんは昨日の夕方の便で、キトから帰国の途につきました。
今日の午後には、全員成田に到着します。
エクアドルの3つの高峰を登る欲張り登山隊を企画しましたが、
結果的には、カヤンベに登れず、全員登れたのはコトパクシだけとう、
残念な結果になりました。
やはりエクアドルは天気が不安定です。
それでも、最後に粘ってチンボラソに登れたのは、本当にうれしいです。

写真は、登頂できずにウィンパーハットから下山するときのもの。
山には、雲がまとわりついて、悪そうです。
この後、午後から劇的に晴れてきて、翌日の登頂に繋がりました。

2012年01月08日

チンボラソ6310m登頂!

RIMG0314.jpg
チンボラソに登頂できましたexclamation
Oさん、よっちゃん、Kana-catさん、竜石、マオリシオの5人です。

6日の登頂が、夕方から降りだした雪が朝方まで止まず中止になった後、
よっちゃんは「飛行機に乗り遅れても登頂したい」と言っていました。
その願いかなって6日の夕方から晴れてきました。
6日の夜10時、快晴の中ウィンパーハット(5000m)を出発。
途中、曇りも雪もあり、山頂付近では風が強く、他のパーティーがベンティニーア・ピーク(西峰)で下山する中、ウィンパー・ピークまで頑張ってチンボラソに登頂できました。
全身エビの尻尾だらけ、ヘッドランプも凍って消すことが出来ないぐらいに。

下山したら大急ぎでキトに戻って、今頃は飛行機の中です。
3人とも2回目のチンボラソ&コトパクシ、最後の最後まで良く頑張りました。
ありがとうございました。

速報!居残り組

今朝6時登頂いたしました演劇
おめでとうございます!
よっちゃん!かなえちゃん!おーさん!

2012年01月07日

キトに帰着組と…

チンボラソは、悪天候に阻まれ登頂できませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
それで、一次アタックの後、アイさんとひーちゃんともこの3人はキトに戻ってきました。
その他は??って?
はい。飛行場に下山後直行という荒業を企て、現在も標高5000mの小屋で最後のチャンスに賭けています。
誰って?
はい。よっちゃんとかなえちゃんとオーさんです。
予報では今夜はよさそうですぴかぴか(新しい)満月
ちなみに、9時起床(PMです)10時出発です。
順調なら7AMくらいに山頂でしょうか。。

2012年01月05日

ウルビナ村(3600)

チンボラソの麓ウルビナ村に、来ています。
チンボラソとカリワイラソを望む、牧場の小さな宿。
でも、曇っていて見えません。
天気が不安定なので、入山を1日遅らせました。

夕方から青空が広がってきました。
明日から最後のチンボラ
ソに行ってきます。
好天に恵まれますように。

2012年01月04日

月の首

RIMG0265.jpg
コトパクシ。
古いケチュア語で月の首という意味だそうです。
頂上直下の影ことぱくしをバックに登るドメニカとIさんともこさん。
影も首のように伸びています。
DSC02607.jpg
頂上クレーターは、だいぶ雪が少なくなっていて、下の淵に降りることが出来ませんでした。

2012年01月03日

やった~!コトパクシ(5897m)全員登頂

DSC02610.jpg
やった~!
コトパクシ全員登頂です。

深夜11時に4800mのホセリバス小屋を出発しました。
無風快晴、満点の星空の下、夜中登り、セバスチャンと盛岡のOさんとkana-catさん組みが、夜明け前の5時55分に登頂。
竜石とよっちゃんひ~ちゃん組が6時10分の日の出と共に登頂。
ドメニカと東京のIさんともこが、6時40分に登頂。

みんな、カヤンベが悔しかったので、頑張りました。
エクアドル人現地ガイドの予想より早く登って、全員登頂exclamation×2

2012年01月02日

大晦日@タンボパクシ

DSC00848.jpg
2011年最後の食事は、七面鳥のローストでした。
エクアドルでは大晦日にぶどうを12個食べる習慣があるのだそうで、付け合せにキャベツをぶどうで煮たものが付きました。初めて食べる味でした。
DSC00839.jpg
もう一つの大晦日のイベントとして、お人形を燃やす儀式もあります。1年分のいろいろな苦い思いをお人形さんが持っていってくれるのです。燃やされる前は、一緒のテーブルに座って、少々寄付金をもらいます。

小さなロッジで迎えた大晦日、なかなか素敵な夜でした。

2012年01月01日

タンボパクシ(3800m)

RIMG0240.jpg
コトパクシの麓、タンボパクシのロッジに来ました。
標高3800m、もうこの標高なら、みんなすっごい元気です。
「あと2000mだから、もう直ぐだよ!」って、よっちゃんが言ってます。
明日からコトパクシ登頂がんばるぞ!