2012年07月31日

明日からラダック山脈に入山します。

s-DSC03136.jpg
いよいよ明日から入山です。
しかし、山中では衛星通信機器の使用ができないので、次回ブログの更新はレーに戻ってからになります。

ラダック山脈からパンゴン山脈を横断する計画なのですが、インドと中国の停戦ラインから数キロしか離れていない、これらの山脈はインド軍にとって重要な地域なので、衛星通信機器の使用が厳しく制限されています。
先月、ニュージーランド人のガイドが使用した衛星電話が追跡されて、逮捕されマナリの裁判所に送られたそうです。

レーに戻るのは、8月16日の予定です。
16日間、道の無い砂漠の山々を彷徨ってきます。
素晴らしい山が見つかりますように。
posted by ryuseki at 01:38| Comment(4) | 2012チャンタン6000m | 更新情報をチェックする

ラダックの高所順応

s-DSC03120.jpg
ラダックを見下ろす丘に聳えるゴンパに行ってきました。
レーの中心街が小さく見えて、扇状地状に広がる緑が美しいです。
見晴らしの良い丘の上に立つゴンパを巡るのが、ラダックでの高所順応です。
posted by ryuseki at 01:38| Comment(0) | 2012チャンタン6000m | 更新情報をチェックする

ラダックのパン屋さん

s-DSC03133.jpg
ラダックの町の一角にイスラム系のパン屋さんが並んでる通りがあります。
店先に並んだ石釜には、丸いパンがぎっしり張り付いていて、パンの香りが漂っています。
パキスタンで良く見たスタイルのパン屋さん。

1個10ルピー(15円)。
焼きたてのパンは、香ばしくて美味ししです。
posted by ryuseki at 01:37| Comment(0) | 2012チャンタン6000m | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

インド・ラダック チャンタン新規入山許可地域6000m峰探検隊 スタート

s-RIMG1037.jpg
ジュレー、いきなりラダックに来ましたよ。
1年振りのレーの町は、懐かしい感じがして、去年より親しみやすくて、何か気分が良いです。
朝は爽やかだけど、昼は暑くて埃っぽくて、また夕方は爽やかで。

s-IMG_6183.jpg
今年は探検隊なので、早速お昼はレーのグルメ探検をしています。
さあまずは、標高3500mの空気に体を慣らしましょうね。
posted by ryuseki at 23:49| Comment(0) | 2012チャンタン6000m | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

北杜市最高峰 甲斐駒ケ岳

s-RIMG1018.jpg
久しぶりに甲斐駒ケ岳に登ってきました。
頂上に着いたらNHKの取材が来てました。
一緒に行っていた岡山から来たOさんご家族が取材を受けました。
NHKを案内していたのは、近所のガイドでした。
posted by ryuseki at 10:42| Comment(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

ワスカランのCD

HuascaranCD.jpg
先週末にワスカランの写真をCDに焼いて、皆様にお送りしました。
今回は、期間を通して不順な天候が続いていたのに、登頂日だけ3つとも良い天気でした。
その中でも、トクヤラフの頂上が一番良かったので、表紙はトクヤラフの頂上で全員で万歳している写真を選びました。
昨年崩れて尖った形になったので、かっこ良い写真が撮れました。
そして、登頂のハンコが3つ並びました。
ワスカラン登山10回目にして、全3山、全員登頂を達成することができました。
ありがとうございました。

posted by ryuseki at 21:26| Comment(0) | 2012ワスカラン | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

ブランカ山群のお花

ワスカラン登山隊2012、最後は、お花で閉めたいと思います。
RIMG0868.jpg
悪魔の靴って名前のお花。靴みたいな形しています。

RIMG0828.jpg
これもいっぱい咲いていたのですが、ガイドも良く判らない雑草のたぐいみたいです。

posted by ryuseki at 19:48| Comment(0) | 2012ワスカラン | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

キャンプ1の夕焼け

DSC03098.jpg
こっちは登る前のキャンプ1
いつもキャンプ1の夕焼けに癒されます。
posted by ryuseki at 07:52| Comment(0) | 2012ワスカラン | 更新情報をチェックする

もうすぐキャンプ1

RIMG0958.jpg
いつも下山後のキャンプ1は幸せですね。
posted by ryuseki at 07:45| Comment(0) | 2012ワスカラン | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

ワスカラン登山隊2012登頂データ

RIMG0921.jpg
ワスカラン登山隊2012、登頂データです。

ワスカラン 標高6768m ペルー最高峰
南米最大の山群 ブランカ山群の最高峰
登山適期 6~8月の乾季 
標準登山期間 6日間 ワスカラン登山は6日間ですが、高所順応に最低10日程度は必要。
日本発着24日間程度が標準的。
技術4 体力4 経験3 装備3 根性3

今回で10回目となりましたワスカラン登山。
記念すべき10回目を全員登頂で飾ることができて、とても良かったです。
振り替えれば1996年の最初の登山は、単独でクレバスが越えられず6400m付近で敗退。
そして、04年、05年、06年にも3年連続で、6400m付近のセラックの状態が悪くて、北峰(6550m)に転身しています。
このセラックの攻略がワスカラン登山の鍵となります。

今年は、とても状態が良く、氷河のセラック帯はどこも問題無く越えることができました。
特に、C1~C2の状態は、僕が知っている中では最も良かったです。

天候は、今一安定せず、天気予報を見ながら、一喜一憂する日々が続きました。
特に、6月25日にワスカランのC1からC2へ、強風と雪で上がれ無かった時は、まさかのC1敗退かと思いました。
それでも、イシンカ、トクヤラフ、ワスカランの3つの山の登頂日は、比較的良い日を捕まえることができて良かったです。

写真は、問題の6400m付近のセラックを越えたところ。
同じぐらいの高さに見えるようになった北峰が朝焼けに染まり始めました。
posted by ryuseki at 14:22| Comment(4) | 2012ワスカラン | 更新情報をチェックする

ワスカランのアイスフォール帯

RIMG0903.jpg
昨晩、ペルーより帰国しました。
これからワスカランの写真アップしますね。
これは、ワスカランの5600m付近のアイスフォール帯。
ワスカランで一番の難所です。
気温が上がると落氷が頻発するので、日が当たる前の早朝に通過します。

posted by ryuseki at 10:15| Comment(0) | 2012ワスカラン | 更新情報をチェックする