2013年04月30日

バチャ・コーラ4900m

DSC00435.jpgDSC00449.jpg
4750mのグマタンティから、5300mの峠を越えて、4900mのバチャ・コーラの川底まで降りてきました。
5300mの峠から白い山々を間近に眺め、冷たくて乾燥した風に吹かれていると、あ〜またヒマラヤに来たんだなって思います。

今朝、グマタンティからポーターが一人下山しました。
昨晩からずっと頭が痛かったそうです。
これで、ポーターは8人になりました。
それでも、全ての荷物がバチャ・コーラに着きました。
ポーターは、みんな2人分の荷物を背負って、ガイドもコックもキッチンもみんな荷物を背負って、頑張ってくれました。
更に、6人のポーターは4時間かけて明日登る5600mの峠まで荷上げしてきました。
すごい!みんなありがとう。
みんなの今日の頑張りで、ベースキャンプまでの見通しがつきました。

さて、隊員も明日は5600mの峠超えです。
ベースキャンプに入る前ですが、これが頂上に向けての高度順化です。
さあ、明日も頑張ろう。
posted by ryuseki at 22:51| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

5000m峰登頂!

IMG_0735.jpgDSC00417.jpg
4900mの峠の横の5000m峰に登頂しておきました。
GPSで5022mでした。
ダモダル山群の白い山々が目の前に見えて、なかなか頂上らしい頂上でよかったです。
posted by ryuseki at 17:19| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

グマタンティ4750m

DSC00412.jpg
今日は、一気に1000m登って4900mの峠を超えて、グマタンティまで来ました。
隊員とポーターは順調ですが、ロバ7頭が荷物を置いて帰ってしまいました。
またしてもネパールのロバ使いにやられました。

ヤラで、上から降りてきたロバ使いから、雪が多くて帰ってきたと聞いたときから、「帰りたい帰りたい」と毎日言っていたロバ使い。
まだ雪を見る前なのに、帰ってしまいました。
あとベースキャンプまで3日あるのに、困ったものです。

ネパールのロバ使いは、いつもベースキャンプの手前で帰ってしまうので、こういう時をある程度想定して、全ての荷物をロバに背負わせずに、1/3程度はポーターを雇うようにしています。
ポーターは9人、キッチンスタッフが3人、ガイドが3人います。
全員総動員で、何とかベースキャンプに辿り着くように、作戦をたてています。

午後からポーター6人が、明日登る5300mの峠まで、荷上げにいってくれました。
明日は、ポーター9人全員がはダブルボッカしてくれることになりました。
posted by ryuseki at 17:13| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

ルリ洞窟fゴンパでプジャをしてもらいました。

DSC00389.jpgDSC00395.jpg
岸壁に刻まれたジグザグの道を登っていくと、朽ちた洞窟がたくさんあります。
その上に朱色に塗られたゴンパがあります。
洞窟に付けられた木戸を開けると、3階構造になっていて、梯子のような階段を登ると、2階に本堂があります。
小さな入り口から本堂に入ると、立派な祭壇が飾られています。
洞窟の壁沿いに座って1時間程のプジャをしてもらいました。
洞窟内にラマのお経が反響し、暗がりの中でロウソクの明りにうっすらと仏像が浮かび、荘厳な雰囲気のプジャでした。
壁画を眺めながら、数百年前のラマ達も同じように、ここでプジャをしていたのかな〜って思っていました。

本堂の横穴から続く部屋はもっと大きくて、ストゥーパが置かれています。
天井には、キレイな壁画が描かれていました。こちらは、数年前に描かれたそうです。
数百年前の洞窟に、現代の壁画。

すばらしいプジャでした。感動しました。
posted by ryuseki at 19:48| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

ルリゴンパ3900m

IMG_0720.jpgIMG_0718.jpg
ルリゴンパに着きました。
ヤラ村の奥にあるゴンパです。
今日は、ゴンパのキッチンを借りて、ゴンパの横にキャンプです。

ゴンパの裏には、ムスタンの洞窟ゴンパで最大の、ルリ洞窟ゴンパが聳えています。
14〜15世紀にたくさん掘られた洞窟ゴンパの中で、現在も使用されている唯一のゴンパです。
posted by ryuseki at 19:44| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

ヤラ3600m

DSC00347.jpgIMG_0706.jpg
ヤラ3600mに着きました。
ダモダル山群の最後の村です。これより奥に村はありません。
村の目の前には、柱状に侵食された岸壁が聳え立っています。
岸壁の中腹には14〜15世紀に掘られた洞窟ゴンパがたくさん見えます。
使われなくなって数百年。アリの巣みたいですね。
posted by ryuseki at 23:03| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

ディーガオン3400m

DSC00335.jpgDSC00341.jpg
ローマンタン3810mを出発して、4時間かけてカリガンダキの川沿いディーガオンまで降りてきました。
たった400m降りただけなのに、すっごく温かい。
ローマンタンの畑はまだ種まきが始まったばかりだったのに、ディーガオンでは麦が15cmぐらいに伸びていて、一面緑にびっくりです。
posted by ryuseki at 19:43| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

豊作を願うプジャ

DSC00300.jpgDSC00283.jpg
豊作を願う盛大なプジャが執り行われていました。
5月の初めに執り行われるテージー大祭が、ムスタン最大のお祭りです。
3日間に渡って繰り広げられる大祭はは、平和への願いと春の訪れ、すなわち1年の始まりを意味するそうです。
夏には夏のお祭りがあり、そして、今日のプジャは冬の終わり、すなわち1年の最後のプジャだそうです。

ローマンタンで最大のツプチェンゴンパでお祈りした後、数十人の僧侶が村を練り歩きます。
法螺貝を先頭に、太鼓、シンバル、縦笛、太鼓と続き、その後には経文を背負った人々が十数人続きます。
5〜6時間かけて、街の中から畑の隅々まで回って、街を一望できる丘の上に登りお祈りをしていました。
街角には、麦のツァンパと、麦のチャンと、そばの実を、お供えした人が立っていて、お祈りをしてもらっています。これを畑に蒔くそうです。

冬が終わりました。明日からいよいよダモダル山群に入っていきます。
posted by ryuseki at 20:19| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

ローマンタン3810m

DSC00265.jpgDSC00267.jpg
ローマンタンに着きました。
13世紀に築かれたムスタンの首都。街の中心は、城壁に囲まれています。
王宮前の広場には、老人達集まり羊の綿から糸を紡ぎながらおしゃべりしています。小さな子供が走りまわり、お母さんは水場で井戸端会議中のようです。
迷路のような城壁の中を歩いていると、遠い昔にタイムスリップしたような感じがします。

全部のゴンパが、撮影禁止なので、ゴンパの写真がありません。
14世紀に建てられた仏像も、15世紀のボロボロの壁画も、写真はありません。
posted by ryuseki at 20:16| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

7頭のロバ

DSC00210.jpg
なんか今回のロバ、かっこ良いぞ。
足と首が長くて、みんなかわいい頭飾り付けてるし。
顔はデカイけど。
posted by ryuseki at 11:06| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

ニーラ4020m

DSC00252.jpg
アンナプルナがだいぶ小さくなりました。
この峠を越えると、いよいよローマンタンです。
青い空と、茶色い大地と、白い山の世界に突入です。
posted by ryuseki at 11:04| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

シャンボチェ3770m

DSC00186.jpgDSC00199.jpg
川から離れて尾根の上に付けられた道を歩いています。
今日は、4つの谷と3つの尾根を越えました。
尾根の上の峠からは、アンナプルナ山群からチベット国境の山々まで見渡せます。
3つ目のヤンバラ4010mから目標のダモダル山群の全体が見えました。
地図を広げてサリブンを探しています。
posted by ryuseki at 19:41| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

シャンボチェ3770m

DSC00186.jpgDSC00199.jpg
川から離れて尾根の上に付けられた道を歩いています。
今日は、4つの谷と3つの尾根を越えました。
尾根の上の峠からは、アンナプルナ山群からチベット国境の山々まで見渡せます。
3つ目のヤンバラ4010mから目標のダモダル山群の全体が見えました。
地図を広げてサリブンを探しています。
posted by ryuseki at 19:36| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

サマール3360m

DSC00119.jpgDSC00157.jpg
タンベ、チュサン、チェレ、を通り、サマールに着きました。
町並みがすっかりチベット風になりました。

川沿いの道の両側には、切り立った岸壁が聳え、風が吹き抜けています。
風の回廊に入ったようです。

今日の宿、ヒマリ・ロッジ。
チベット風の建物を、ロッジに改造しています。
牛糞塗り壁、木と土と布の天井ですが、電気が通っていて、トイレも洗面所もちゃんとしています。
posted by ryuseki at 19:27| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

カグベニ2810m

DSC00088.jpgDSC00089.jpg
カグベニです。
迷路のように入り組んだ細い路地の町並みの中心には、大きなゴンパがあり、たくさんの僧侶が路地を歩いています。
ロッジの前は河原に向かって広い畑が広がっています。
どんどん空が広くなってきました。
ムスタンの入り口です。
posted by ryuseki at 19:24| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

カグベニの花嫁、ジョムソンの花嫁

IMG_0594.jpg
小雨の降るジョムソン。
今朝もフライトはキャンセルになったようです。
苦労して陸路で来た甲斐がありました。

小雨降る中、結婚式をしていまいした。
隣町のカグベニから来たお嫁さんと、ジョムソンのお婿さん。
周りで50人ぐらいの人が歌ったり踊ったりしている中で、終始うつむきかげんです。
結婚式は、ジョムソン、カグベニ、ジョムソンと移動しながら3日間続くそうです。
ネパールの冠婚葬祭は盛大ですね。
posted by ryuseki at 19:17| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

やっとジョムソン2720mに着きました。

DSC00080.jpg
天気が不順なネパールです。
昨晩から大雨と雷が鳴り響き、朝からずっと雨。
朝5時に空港に行ってスタンバイして、9時半にフライトキャンセル決定。
それから車を手配して11時にポカラを出発。
飛行機なら40分のところを、インド製のボレロに揺られて10時間半。
さっき夜の9時半にやっとジョムソンに着きました。
4年前に1日半かかった行程を10時間半で来たのだから上出来です。
新しい大きな橋が3つもできて、道もだいぶよくなってました。

ジョムソンは、ムクチナートへの巡礼のインド人がいっぱいの街。
写真は、空港でインド人巡礼者と一緒に待つとうちゃん、かあちゃんです。
posted by ryuseki at 02:31| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

サリブン登山隊2013スタート

DSC00073.jpg
ポカラに着いて、まずは乾杯です。今回もすっごいメンバーです。
DSC00064.jpg
ポカラは、カトマンズよりずっと小さくて埃っぽくなくて、過ごしやすいです。
タメルで買い物するのは疲れるけど、ポカラなら忘れた物も直ぐに変えます。
登山隊初日としては、とても良いです。
忘れ物も補充できたので、明日更に北へ飛びます。
posted by ryuseki at 00:39| Comment(1) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

南米 ペルー・アンデス コパ6188m&ピスコ5752m登山隊2013

何件かお問い合わせいただいたので、登山隊も募集することにしました。
「コパ6188m&ピスコ5752m登山隊2013」募集開催です。
6000m峰スキー登山隊2013と同時開催ですが、元々5年前に登山の隊として8人のお客様と登山した日程を、スキー滑降の登山隊として企画しました。
スキー滑降しなくても、登山だけでも素晴らしい山です。

南米最大の山群、ペルー・ブランカ山群 高所登山のエッセンス満載exclamation
南米随一の展望ピーク ピスコ5752mexclamation
ブランカ山群の名峰 コパ6188mexclamation
高所登山の楽園 南米のシャモニーで高所順応exclamation
美味しい食事、天然温泉、快適ホテルで休養exclamation
世界最強のガイドチーム、万全のサポート体制exclamation

期間は、2013年7月13日(土)~7月26日(金)ペルー・リマ 発着14日間です。
参加料金は、45万円です。

ご興味ある方は、メールでお知らせください。
ryuseki@k2.dion.ne.jp
お名前、ご住所、電話番号、年齢、簡単な山歴をご記入ください。
ご案内を送らせていただきます。
posted by ryuseki at 14:46| Comment(0) | 2013ペルー6000スキー | 更新情報をチェックする

カトマンズより、今年は西へ

DSC00053.jpg
カトマンズです。1日目から頑張って全てのパッキングを終わらせて、荷物を送りました。トラックと一緒出発するコックとキッチンボーイ。今年は西へ

posted by ryuseki at 01:05| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする