2015年05月17日

桜満開

帰国後、忙しく出回ったり、デスクワークったり、やっと登山再開です。
s-TP5170341.jpg
ちょっと標高を上げたら、山桜が満開でした。
s-P5170342.jpg
s-P5170347.jpg
すっかり春です。
posted by ryuseki at 21:05| Comment(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

ラクパ・リ登山隊2015 帰国しました。

s-DSC05681.jpg
帰ってきたら桜の季節を通り越して、ツツジが満開です。
「ラクパ・リ登山隊2015」今日までに全員が帰国しました。
チベットでは、インターネットや携帯電話が規制されていて、なかなか情報も入らず、現地の状況も思うように発信できませんでした。
ご心配をおかけしました事を、お詫び申し上げます。
帰国して、ネパールの状況を改めて知り、状況の深刻さを痛感しています。

チベット側のエベレストでは、震度4程度の揺れを感じましたが、大きな雪崩も無く、物の被害もケガ人も無かったにも関わらず、登山ができずに終了してしまった事は、とても残念に思います。
しかし、中国政府が素早くネパール側の状況を鑑みて登山を中止したことは、状況が解った今は正しい判断だっと思います。

地震後、翌日には、衛生電話を使用して、ほとんどのネパール人スタッフの家族と連絡が取れて安否が確認できました。
その中で、唯一最後まで連絡が取れなかった、コックのドゥルガ・ライには、地震の翌日に長男が誕生していました。

ネパ-ルとチベットを繋ぐ道路が破壊され国境が閉鎖されてしまい、陸路での荷物の搬送ができなくなり、全ての装備が麓のティンリ-村に、残されることになりました。
全ての装備を、秋に予定されているチョー・オユー登山隊で使用できるように、確認をしてきました。
中国政府の計らいで、約180人いるネパール人スタッフ全員のラサ-カトマンズの航空券が無料手配される事が決まっていて、10日には全員がカトマンズに帰れる予定です。

朝、ラサのホテルを出発して、北京で同日乗り継ぎして、夜には東京に到着しました。
ラサ市内は全面的に舗装道路になり、ポタラ宮は博物館のように綺麗になり、外国人向けのレストランやお土産物屋も増えました。
初めてラサに行った20数年前、1週間かけてラサに辿りつき、空港ではトラクターが荷物を運んでいた頃とは、隔世の感があります。
posted by ryuseki at 22:12| Comment(0) | 2015ラクパリ | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

ラサ3650mに下山しました。

sDSC05647.jpg

ネパールと中国の国境が、地震の影響で閉鎖されれているので、チベットの首都
ラサに下山しました。
5150mのチョモランマ・ベース・キャンプからラサまで、8年前は4日間かかって
いましたが、今は完全に舗装され、一部高速道路も開通して、2 日間実質10時間
ぐらいのドライブで到着できるようになりました

sDSC05666.jpg

8年振りのラサは、ずいぶん近代化が進んでいて、オシャレなレストランも増え
ました。まずは、高級チベット料理店で乾杯!
posted by ryuseki at 01:03| Comment(1) | 2015ラクパリ | 更新情報をチェックする