2015年10月29日

天狗岳

s-IMG_2632.jpg
天狗岳に登ってきました。
登山口の唐沢鉱泉の源泉がとってもキレイです。
温泉も泡泡で素晴らしかったです。
posted by ryuseki at 22:00| Comment(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

金峰山と大日岩

s-DSC06742.jpg
久しぶりに金峰山に登ってきました。
素晴らしい晴天に恵まれて、改めて金峰山の展望の良さを実感しました。
頂上では、久しぶりの冷たい冬の風が、心地よかったです。
s-DSC06747.jpg
金峰山には、中学生の時に初めて登って以来、30回ぐらい登っていますが、今回初めて大日岩に行ってきました。大日岩も展望抜群の面白い岩峰です。
s-s-DSC06756.jpg
麓の唐松の黄葉が素晴らしいです。
posted by ryuseki at 11:12| Comment(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

甲府岡島百貨店D-Select 秋の登山教室@三ツ峠山

20年振りぐらいで、三ツ峠山の頂上を踏んできました。
最高の天気に恵まれ、暑くも無く、寒くも無く、超快適な登山でした。
ちょっと雪化粧した富士山がとってもキレイでした。
改めて三ツ峠山の展望の良さを認識しました。
しかし、カメラを忘れてしまって、写真がありません。
すみません。
posted by ryuseki at 21:43| Comment(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

チリ最高峰オホス・デル・サラド登山隊2015 日程変更のお知らせ

s-RIMG0470.jpg
「チリ最高峰オホス・デル・サラド登山隊2015」日程変更のお知らせです。
2015年12月7日(月) ~12月20日(日) チリ・サンティアゴ 発着14日間です。
高所順応期間を3日間増やし、6000m峰登頂も盛り込みました。
ガイド費用 ¥800,000.-です。

チリ最高峰、南米第2位の高峰
南米最大アタカマ砂漠南部プーナ・デ・アタカマ
世界で最も乾燥した、砂と、塩と、湖だけの地球離れした世界
澄みきった青空と、満点の星空
下山後はチリワインと魚介類

ご興味ある方は、メールでお知らせください。
ryuseki@k2.dion.ne.jp
お名前、ご住所、電話番号、年齢、簡単な山歴をご記入ください。
募集要項を送らせていただきます。

お問い合わせ、お申し込みお待ちしております。

posted by ryuseki at 13:53| Comment(0) | 2015オホス | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

空木岳2864m

s-PA231804.jpg
帰国後、なかなか山に行けない日々が続いていましたが、今日、空木岳に登ってきました。
20年以上振りだと思います。
s-PA231789.jpg
s-DSC06726.jpg
紅葉はほぼ終わっていたけど、朝焼けと雲海がキレイでした。
s-PA231816.jpg
僕にちょうど良いサイズのクラックがありました。
posted by ryuseki at 21:50| Comment(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

マナスル登山隊2015 登頂データ

昨日までに全隊員が帰国し、今日僕も帰国しました。
ネパール人スタッフ全員も、今日カトマンズに戻り、マナスル登山隊2015は全て終了しました。
結果としては4隊員中、TAさんとTKさんが登頂されました。
1回目のサミット・プッシュの後、FさんとIさんは帰国されました。
TAさんは、無酸素登頂を目指し8000mまで無酸素で登りましたが、目に以上を訴え8000mから酸素を吸い登頂されました。
紅一点TKさんは、2年前に登山を始めたばかりですが見事登頂され、来年のエベレストに向けて大きな一歩を標しました。
PA021761.jpg
結果として天気にも、山の状態にも、めぐまれた登山となりました。
しかしながら、例年とはまるで違う天候だったため、天気予報がなかなか信用できず苦労しました。
最後の最後まで、登頂の確信はもてず、登山期間終了間際まで粘って、何とか登頂することができました。
s-P9241620.jpg
苦労した遠因として、春の地震が影響しています。
ヒマラヤン・エクスペリエンス隊やアドベンチャー・コンサルタンツ隊などの大手公募登山隊は、春の地震で大きなダメージを受けていて、隊員が少なくシェルパの数が少なかったり、これまでメインで働いていたシェルパが参加できなかったりしています。
核心となるキャンプ3(6800m)からキャンプ4(7400m)までのルート工作がなかなか進まなかったのは、これらの事が影響しています。
s-P9291690.jpg
マナスル 標高8163m
14座ある8000m峰の中で、唯一日本隊が初登頂した山として、日本でも馴染み深い8000mです。
ネパールにある8000m峰8座の中で、比較的登り易い山として人気を集めています。
登山適期 春3月下旬~5月 秋9月~10月
標準登山期間 カトマンズ発着40日間程度
技術3 体力4 経験4 装備5 根性3
s-PA011724.jpg
マナスルでは、例年に比べて登山隊の数は1/3ぐらいだったようです。
ネパール全体でも、半分以下で、観光省登山局長は嘆いていました。
カトマンズで見ていても観光客の数は、とても少なく見えます。
観光も登山も、ネパールの重要な産業なので、できるだけみんなでネパールを訪れたいものです。
s-PA041764 - コピー.jpg
今回も最後にカパンの食堂に寄ってきました。
奥さんも、子供も、元気で安心しました。
s-DSC_0750.jpgm
posted by ryuseki at 21:43| Comment(0) | 2015マナスル←チョーオユー | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

カトマンズに戻りました。

PA051772.jpg
今日、マナスルの麓、サマガオン3800mからヘリコプターで、カトマンズに戻りました。
ヘリコプターを使うとマナスルの麓から1時間で一っ跳びです。
いつものように「もう歩かなくて良い」なんて思う暇もなく、突然大都会カトマンズに到着して、ちょっと寂しい感じです。
次回は、是非歩いて帰ってきたいと、思います。

PA011745.jpg
今回、50本協賛してもらった、シェルパ・ブリューワリーのビールです。
マナスル頂上まで担ぎ上げて記念撮影してきました。
新しいネパールのビールです。おすすめです。


posted by ryuseki at 01:57| Comment(0) | 2015マナスル←チョーオユー | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

マナスル8163m登頂!

PA011738.jpg
10月1日午前6時30分、マナスルの頂上に立ちました。
9月29日30日10月1日と3日間、無風快晴の日が続き、6日前に苦しめられたふかふかの深雪が適度に硬くクラストしていて、今までで最も良い状況で登頂することができました。
今日までに、全隊員と全シェルパが、ベース・キャンプに帰着し、無事登山を終了しました。
応援いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by ryuseki at 00:23| Comment(2) | 2015マナスル←チョーオユー | 更新情報をチェックする