2016年06月24日

ピスコ5752m全員登頂

まずは南米一の展望ピークと名高い、ピスコ5752mに登ってきました。
バンザーイ!
s-DSC08355.jpg

初日は、ワンドイ氷河を横断して、ハイキャンプへ。
s-P6220126.jpg

ワンドイの朝焼けが見事です。
s-DSC08329.jpg

今年の頂上雪庇は小さめです。
s-DSC08340.jpg

のんびりと景色を楽しみながら下山です。
アルパマヨ登山隊なので、みんな強い!
アルパマヨに向けて高度順応完了。
s-DSC08412.jpg

今年はとても雪が少ないブランカ山群ですが、お花いつも通りたくさん咲いています。
s-P6210103.jpg
posted by ryuseki at 07:59| Comment(0) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

ハトゥン・マチャイ4200mからプレ・インカ遺跡4600m

ペルー最大の岩場ハトゥン・マチャイに行ってきました。がっ、登れませんでした。
先月、住民とトラブって、クライミング禁止になっていました。
s-DSC08211.jpg

仕方がないので、隣の4600mにあるプレ・インカ遺跡に、ハイキングをしてきました。
なかなか素晴らしい展望台で、ブランカ山群、ワイワシュ山群、ワヤンカ山群の山々が、一望できました。
s-DSC08219.jpg
posted by ryuseki at 07:55| Comment(0) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

プーヤ・ライモンディ

プーヤ見てきました。標高4200mです。
s-DSC08191.jpg

空に突き刺さりそうなデカさです。
s-DSC08186.jpg

探し回って、今年もお花を見ることができました。
s-P6190075.jpg
posted by ryuseki at 18:04| Comment(0) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする

アルパマヨ登山隊2016スタート

昨夜、全員がペルーの首都リマに集合し、アルパマヨ登山隊2016がスタートしたのですが、荷物が乗り継ぎのトロントに残されて届きません。仕方のないので、荷物を待ちながらリマを観光しています。

ペルーと言えばクスケーニャ。
s-DSC08113.jpg

高級レストランでペルーランチを楽しんでいます。
s-DSC08153.jpg

アマノ博物館で、1000年以上前の布を見ています。
s-DSC08115.jpg
s-DSC08122.jpg

いつも通りどんより曇ったリマの海岸です。
s-DSC08158.jpg
posted by ryuseki at 01:08| Comment(0) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

チョー・オユー登山隊2016 料金日程改訂のお知らせ

s-s-チョーオユー2016表紙.jpg
チベットでは、エベレストを初め主要な山全てが、今春より大幅に値上げされました。
今春のエベレストから帰国後、秋のチョーオユーの調整してきましたが、参加料金を変更させていただく事に致しました。

また、昨年閉鎖されたコダリ-ザンムーの国境は、今年も再開できない見通しです。代わりに今年春からオープンした隣のキーロンの国境が、外国人にも開放される見通しになりました。それに伴い、日程も変更させていただく事に致しました。

新しい募集要項を作成しました。
ご興味ある方は、メールでお知らせください。
ryuseki@k2.dion.ne.jp
お名前、ご住所、電話番号、年齢、簡単な山歴をご記入ください。
募集要項を送らせていただきます。

夢の8000m峰登山 世界第6位の高峰チョーオユー8201m
チベット高原に聳える「トルコ石の女神」
余裕のある十分な高度順応日程 快適なベース・キャンプ
最新で十分な装備 最新の酸素マスクとレギュレーター
信頼のおけるシェルパ・チーム

お問い合わせ、お申し込みお待ちしております。
posted by ryuseki at 14:01| Comment(0) | 2016チョー・オユー | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

キルギス パミール山脈 レーニン・ピーク登山隊2016説明会@富士山

s-DSC08063.jpg
8月2日出発「キルギス パミール山脈 レーニン・ピーク登山隊2016」の説明会を、富士山で行いました。
初日は、富士河口湖の公民館で机上説明会。
2日目は、富士山に全員登頂しました。
この調子で、レーニン・ピークも全員登頂を狙っていきます。
posted by ryuseki at 20:28| Comment(0) | 2016レーニン | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

梅雨の晴れ間はお花見登山

日本に帰ってきたら直ぐに梅雨入り。早過ぎる!
梅雨の晴れ間は逃しません。近所の山にお花見登山してきました。
s-DSC07999.jpg
s-DSC08010.jpg
s-DSC08011.jpg
s-DSC08018.jpg
s-DSC08026.jpg
s-DSC08053.jpg
posted by ryuseki at 22:40| Comment(0) | 日本の山も登ろう | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

エベレスト登山隊2016チベット 登頂データ

s-DSC07802.jpg
一昨日までに全ての隊荷とネパール人スタッフ全員がカトマンズに戻り、昨日までに全隊員が帰国しエベレスト登山隊2016チベットは全て終了しました。
全ての隊員と、全てのシェルパ、総勢9名が全員登頂し、全員無事下山することができ、これ以上ない素晴らしい結果となりました。

4月中は強風の日が続き、雪が少ないドライな厳しいコンディションが予想されましたが、5月に入ると風が弱まり、少しづつ雪も積もり、山の状態にも天候にも、めぐまれた登山となりました。
南側(ネパール側)から今季初登された5月12日から約2週間もの長い間、比較的風の弱い日が続き登頂者が続出しました。まだ集計が終わっていないので正確な人数は解らないのですが、300人以上が登頂したようです。
北側(チベット側)では、中国チベット登山協会の都合で、登頂が5月19日以降とされましたが、それでも200人以上が登頂したようです。
数年振りに500人以上が登頂したシーズンとなりました。

エベレスト 標高8848m 世界最高峰
チベット名 チョモランマ ネパール名 サガルマータ
登山適期 春3月下旬~5月下旬
標準登山期間 カトマンズ発着50~60日間程度
技術3 体力5 経験5 装備5 根性5
世界最高峰です。体力、経験、装備などとても高度な物が要求されますが、期間が50~60日ととても長いので、最後まで登る続ける意志がとても重要です。
しっかりと自分にあった作戦をたてて挑んでください。
posted by ryuseki at 09:42| Comment(0) | 2016エベレストラクパリ | 更新情報をチェックする