2016年07月28日

ワスカラン登山隊2016 登頂データ

s-DSC09160.jpg
「ワスカラン登山隊2016」既に報告している通り、ワスカラン登山2日目の7月19日に先行していたパーティーに重大な事故があり、ワスカランは5000m付近で登山中止となりました。
前半、雨の中ヤンガヌコ峠4800mとラグーナ69(4550m)のハイキングをこなし、7月11日にイシンカ5530m登頂、7月14日にトクヤラフ6032m登頂と順調に高所順応を重ねました。ワスカラン登山中止後、Tさんとmokohはワラスに戻り、Sさんと竜石は隣にあるチョピカルキ6345mに転進し7月23日登頂しました。昨日までに全隊員が帰国し、無事終了しています。

今年のブランカ山群は、7~8年振りに雪の少ないドライな状態でした。氷河は氷が剥き出しの個所が多く、概ね悪い状態だったと思います。その分、稜線はキノコ雪があまり発達していなかったので、尾根ルートは登り易かったと思います。写真は、北面のワスカランですが、上部までほとんど雪が無く岩が剥き出しなっていて、登攀不可能のように見えます。どの山も北面の壁は見事に雪がありませんでした。

南米ペルー最高峰ワスカラン 標高6768m
登山適期 6月~8月 一般的に7月までの方が、氷河の状態が良く暖かい。
標準的な登山期間 高所順応期間を含めてペルー・リマ発着20日間程度。ワスカランで高所順応するのは厳しいので、他の6000m程度の山を登って高度順応してからワスカランに向かうのが一般的です。3000mの登山口から標高差約4000mのを4日間で登り、途中氷河のセラックや氷雪壁の通過します。本格的な登山を志向する方にお勧めの山です。
posted by ryuseki at 09:48| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

チョピカルキ6345m登頂

ワスカラン入山2日目に事故があり、ガイド、ポーター、コックの全てのスタッフがレスキューに向かい、キャンプ・モレーナ5000mで、他の山に転進が決まりました。
s-DSC09064.jpg

チョピカルキ6345m下部のセラック帯。
s-P7230633.jpg

ハイ・キャンプ5500mの夕焼け。
s-DSC09102.jpg

ワスカランの本峰(左)と北峰。写真は下山時。
s-DSC09302.jpg

今年の頂上マッシュルームは、ちょっと小さめでした。
s-DSC09174.jpg

頂上直下を颯爽と登るSさん。
s-DSC09258.jpg

チャクララフ南壁が見事です。
s-P7240680.jpg

posted by ryuseki at 13:49| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

ワスカラン登山隊2016改めチョピカルキ登山隊2016

2016072409020700.jpg
チョピカルキ6345mに登頂しました。
posted by ryuseki at 00:51| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

ワスカラン・ベース・キャンプ4200m

2016071818144700.jpg
いよいよワスカランがスタートしました。今年は5グループもいて満員です。今日も夕焼けがキレイです。
posted by ryuseki at 08:22| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

イシンカ谷の6日間

野球場のように広いベース・キャンプ4400m。トクヤラフ6032m(左)からパルカラフ6274mが屏風のように聳えています。
s-P7130495.jpg

イシンカ・ハイ・キャンプ4800m。
s-DSC08705.jpg

トクヤラフ・ハイ・キャンプ5300m。元気なSさん。
s-DSC08879.jpg

トクヤラフ頂上台座は、5年振りに左ルートから登頂。
s-P7140531.jpg

トクヤラフ頂上稜線。
s-P7140556.jpg

トクヤラフ6032m頂上。スーパー・ガイド、アグリピーノ・エノストローサ・バルガス。
s-DSC08947.jpg
posted by ryuseki at 12:45| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

トクヤラフ6032m登頂!

2016071409475600.jpg
Sさん、竜石ガイド史上最速4時間で登頂しました。
posted by ryuseki at 23:58| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

トクヤラフ・ハイ・キャンプ5300m より

2016071316370900.jpg2016071317010300.jpg
みんな元気に、ハイ・キャンプに入りました。
posted by ryuseki at 07:03| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

イシンカ山5530m全員登頂!

2016071314212900.jpg2016071314213800.jpg
一昨日、まずはイシンカに全員登頂しました。
posted by ryuseki at 04:34| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

イシンカ谷

DSC_0846.jpg
イシンカ谷に行ってきま~す。
posted by ryuseki at 23:39| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

ワスカラン登山隊2016 雨の中スタート!

s-P7080453.jpg
ワスカラン登山隊2016、最初の高所順応ハイキングとして、昨日ヤンガヌコ峠4800m、今日ラグーナ694550mに到達し、順調にスタートしています。がっ、写真の通り雨雨雨。ほとんど山が見えません。
まあ、先は長いので、焦らずに順応していきます。
posted by ryuseki at 08:06| Comment(0) | 2016ワスカラン | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

世界で最も美しい山アルパマヨ登山隊2016終了

s-DSC08591.jpg
全員がリマの空港から帰国の途につきました。
世界で最も美しい山アルパマヨ登山隊2016は、無事終了しました。

s-P7030450.jpg
実はアルパマヨ周辺は、ブランカ山群の代表的な花ミリミリの宝庫なのです。
posted by ryuseki at 18:15| Comment(0) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする

キタラフ6036m北壁登頂

アルパマヨの向かい側に聳えるキタラフ北壁にも、登りました。
写真中央部、氷河の真ん中にハイ・キャンプに4泊しました。
s-P6290342.jpg

こちらもアイスフルートの氷雪壁の登攀です。下の氷河まで切れ落ちています。
s-P7010352.jpg

アルパマヨ南西壁を背に
s-P7010360.jpg

頂上稜線まで続くアイスフルート。
s-P7010361.jpg

フィナーレは雪庇の張り出した頂上稜線を登っていきます。
s-P7010378.jpg

下の氷河も素晴らしいです。
s-P7030436.jpg


posted by ryuseki at 17:47| Comment(0) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする

アルパマヨ5949m南西壁フレンチ・ダイレクト・ルート全員登頂

これが世界で最も美しいと言われたアルパマヨです。キタラフより撮影。
s-P7020400.jpg

アンデス襞を登っていきます。中間部を登るホスエ。
s-P6290287.jpg

上部のアイスフルートを登るKさん。
s-P6290292.jpg

夕陽に輝くアルパマヨを背にジャンプ!
s-DSC08578.jpg

全員登頂バンザイ!
s-P7020423.jpg
posted by ryuseki at 17:35| Comment(0) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

アルパマヨ5949m キタラフ6036m 登頂!

2016070305212800.jpg2016070305214400.jpg
カシャパンパ村に下山しました。
posted by ryuseki at 04:07| Comment(1) | 2016アルパマヨピスコ | 更新情報をチェックする