2016年12月26日

チリ最高峰オホス・デル・サラド6893m&南米最高峰アコンカグア6962m360°トラバース登山隊2016 登頂データ

s-PC191726.jpg
「チリ最高峰オホス・デル・サラド6893m&南米最高峰アコンカグア6962m360°トラバース登山隊2016」に登山隊名称を変更します。
現地に行ったらレンジャーもスタッフもみんな「360°」って呼んでいて、結構流行っているようでした。
昨日までにⅯさんと竜石が帰国し、今日にはメンドーサに居残っていたSさんがビンソンの登山隊と合流して、登山隊は無事終了しました。

アコンカグア360°トラバースは、ノーマル・ルートを往復するのに比べて、距離が長く、日程も長くなるので、より体力と経験が求められますが、反対側から登ってきて、反対側に降りるっていうのは、とても充実します。
誰もいないバカス谷から上がって来て、登頂後、賑やかなオルコネス谷に降りた時の、対比がとても面白かったです。また賑やかなプラザ・デ・ムーラスで大歓迎を受けたのも、とても嬉しかったです。

最初にオホス・デル・サラドに登れず、南米1位2位の高峰の連続登頂がなくなり、沈んだ雰囲気になりましたが、気を取り直してアコンカグアに全員登頂できて良かったです。10日間で360°トラバースに成功できたのは、オホス・デル・サラドでの高度順応が上手くいっていたからです。また19日に登頂チャンスを捕らえられたのも、オホス・デル・サラドが早く終わって、アコンカグアに予定よりも早く入山できたからなので、オホス・デル・サラド登山があってこその、アコンカグアの成功だったと言えるでしょう。

どちらの山にしても、天候勝負です。毎日天気予報と睨めっこしながら、登頂日を決めます。高度順応が不足していても、そこに向けて調整していくしか無いのです。予備日の多少で登頂の可否が決まると言っても過言ではないでしょう。
技術的には簡単と言われている山ですが、オホス・デル・サラドには小さいですが、頂上岩壁がありそこに向けて傾斜が少しきついところがあります。アコンカグアも、岩壁こそないものの、6700mのケイブから上は傾斜が少しきつくなりますので、急な斜面の上り下りを無理なくできる技術は、あった方が良いでしょう。
あとは、強風に耐えうる装備と経験が、登頂の可能性を広げてくれるでしょう。
posted by ryuseki at 15:54| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

アコンカグア360°トラバース報告 その4 プラザ・デ・ムーラス4400m

登頂後に見る西壁の夕焼けは、やっぱり素晴らしいです。
2016122218431500.jpg

今年のベース・キャンプは、卵型テントがニョキニョキ生えていました。
2016122218430200.jpg
posted by ryuseki at 11:50| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

アコンカグア360°トラバース報告 その3 コレラ・キャンプ6000mからアコンカグア6962m

コレラ・キャンプ6000mでノーマル・ルートに合流です。
登頂日は、本当に良い天気に恵まれました。
風が強いことで有名なトラバースでも、みんなニコニコ登っています。
2016122218423000.jpg

頂上直下を登るMさんとSさん。
背後の南壁が素晴らしいでしょう?
2016122218424000.jpg
posted by ryuseki at 11:32| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

アコンカグア360°トラバース報告 その2 グアナコ・キャンプ5500m

ポーランド氷河舌端を渡り、東面を右へ右へ上がっていきます。
2016122218413800.jpg

グアナコ・キャンプ5500mまで来ると、ノーマル・ルートのコレラ・キャンプ6000mの稜線が望めます。
もう少しで半周です。
2016122218415900.jpg
posted by ryuseki at 06:53| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

アコンカグア360°トラバース報告 その1

アコンカグア6962m頂上から東面に流れ落ちるポーランド氷河。
これまで6000m付近が舌端だと思っていたら、一部岸壁で中断しているものの、4500m付近まで流れ落ちていました。
2016122200153600.jpg

そのポーランド氷河の舌端から、登山はスタート。
背後には、小さなプラザ・アルゼンチーナ・ベース・キャンプ4200mが、見えます。
2016122200152400.jpg
posted by ryuseki at 12:30| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

アコンカグア6962m 360°トラバース・コンプリート

オルコネス谷に、下山しました。
10日間で、アコンカグア360°トラバースに成功しました。
2016122123474700.jpg

期待と不安を抱えながら10日前にバカス谷から入山。
天候に恵まれ、3日間行動、1日休養、その後6日間連続行動しました。
8日目には、アコンカグアの頂上も踏むことができました。
2016121422230700.jpg
posted by ryuseki at 12:08| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

アコンカグア6962m全員登頂!

昨日、微風快晴の最高の天気の中、全員登頂しました。
先程、無事プラザ・デ・ムーラス・ベース・キャンプに、降りて来ました。
2016122017193200.jpg
posted by ryuseki at 05:27| Comment(1) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

アンデスの休日

2016121518285600.jpg2016121518284500.jpg
今日は、待ちに待った休日です。
ノーマル・ルートのベース・キャンプに比べると、静かで快適なベース・キャンプ。
のんびり朝食をとって、シャワーを浴びたり、インターネットしたり、準備をしたりして、過ごしました。
夕方から天気が崩れて、雪と雷が凄かったですが、それも2時間程度でやみました。
今は、雲空から薄日がさしています。
明日から頂上目指して上部キャンプに上がります。天気予報通りに行けば19日に登頂します。
焦らず、慎重に、一歩一歩、アコンカグア頂上目指して、頑張ってきます。
posted by ryuseki at 06:54| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

バカス谷の3日間

2016121416430600.jpg2016121416431900.jpg
バカス谷の3日間のアプローチ。
僕らは、日本人3人と、ムーラ6頭、馬2頭にアリエロ2人だけの小さな登山隊。
途中で出会ったのは、下山してきたアルゼンチン人2人、各キャンプのレンジャーが3人だけだから、ほとんど誰にも会わず、いつもテント場は貸切で、とても静かな良いトレッキングでした。
posted by ryuseki at 21:06| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

バカス谷のお花

2016121416423000.jpg
オルコネス谷に比べて、花も緑も多い感じがします。
もしかしたらアタカマ砂漠から来たので、そう感じるのかもしれません。
posted by ryuseki at 21:05| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

プラザ・アルゼンチーナ・ベース・キャンプ4200m

ベース・キャンプ4200mに入りました。
今日は、終始アコンカグアを眺めながらの気持ち良いアプローチでした。
2016121416433500.jpg

posted by ryuseki at 06:53| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

ペニテンテス2600m

アコンカグアの登山口ペニテンテスに来ました。
冬はスキー・リゾートの宿です。
到着して直ぐにムーラに預ける荷造りをして、計量して、出発準備完了です。
計量をしながらSさんが「いよいよ始まるって感じですね!」と嬉しそうに言っていました。
メンドーサ郊外から真っ白なアコンカグアが望めました。
2016121118392900.jpg
posted by ryuseki at 07:13| Comment(1) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

メンドーサ760m

海辺のバイア・イングレッサから二っ飛びして、アコンカグアの麓メンドーサに、入りました。
アルゼンチン・ビーフとワインの町です。町中こんな店ばかり。昼も、夜も、アサード食べています。
2016121018075600.jpg

食べてばかりじゃ無いです。
ちゃんと許可証も、取得しました。
2016121018210000.jpg
posted by ryuseki at 06:24| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

ラグーナ・ベルデ4400mからサンフランシスコ6018m

ラグーナ・ベルデ4400mに移動して高度順応。5000mのハイキング。
2016120821163500.jpg

3ヵ月前の大雪がみんな巨大ペニテンテスになっています。
2016120821171400.jpg

サンフランシスコ6018mでは、頂上に大きなケルンを積みました。ケルンの左がオホス・デル・サラドです。
2016120821170000.jpg
posted by ryuseki at 07:17| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

ドーニャ・イネス5095m

入山2日目にはドーニャ・イネス5095mに登頂。
2016120109514900.jpg

グアナコの群れの歓迎もありました。
2016120109513000.jpg
posted by ryuseki at 07:04| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする

オホス・デル・サラド6893mからバイア・イングレッサ0mに下山しました。

2016120821170700.jpg
12月6日に頂上を目指しましたが、登頂することができませんでした。
Mさんは6500m付近で体調不良で下山しました。
Sさんは頂上岸壁直下まで迫りながら、体調が思わしくなく、下山を決めました。
アタカマ・ベース・キャンプでは、だいぶ疲れた様子のお二人でしたが、標高0mの空気を1晩吸って、すっかり元気になっています。
写真は、6500m付近を登るSさん。アタカマ砂漠の朝焼けの美しさに、歓喜しました。
posted by ryuseki at 01:16| Comment(0) | 2016オホスアコン | 更新情報をチェックする