2013年05月16日

サリブン登山隊2013 登頂データ

s-IMG_0775.jpg
s-IMG_1800.jpg
サリブン登山隊2013、今日僕が帰国して、全員が帰国しました。
最後に登頂データで締めたいと思います。

サリブン 標高6346m
ムスタン、ダモダル山群で一番登り易い6000m峰
登山適期 意外にも雪が多いので5月と10月~11月だと思います。 
標準登山期間 日本発着24日ぐらい
技術2 体力2 経験3 装備2 根性3

2008年にムスタン自治州が廃止されて、入山し易くなったダモダル山群です。
以前は地図も無く、ベースキャンプに辿り着けない事もあった山域ですが、数年前にはしっかりした地図も発行され、山の標高も名前も同定されました。
それでもベースキャンプまで2週間かかります。
依然、遠く静かな登山が楽しめる貴重なフィールドです。

ムスタンの首都ローマンタンまで自動車道路の建設が進んでいるので、数年後には日本からローマンタンまで3日で到達できるようになるでしょう。
そうなれば、アプローチが短縮されて非常に入山し易くなります。

7000m峰は無いものの、約40km四方の山群に6000m峰が50座ぐらい集中していて、中央を流れる氷河も全長15kmぐらいあります。
最高峰クムジュンガル・ヒマール6759mを初め、チブ・ヒマール6650mなど6500m以上の山もいくつかあります。
記録的には、たくさんの6000m峰が未踏峰ですが、全体的に穏やかな山容の山が多いので、おそらくほとんど登られていると思います。

ムスタンのゴンパは、どこも荒れています。
近年、観光にも力を入れているようなので、もう少し修復などして保存にも力を入れて欲しいものです。
中国の襲撃を受けていないので、古い物がたくさん残っているし、もったいないです。

雄大な氷河の山々の景観の中、山中では誰にも会わず、今季初登全員登頂を決めることができて、本当に素晴らしい登山でした。
登り易い6000m峰がたくさんあり、独特なムスタンの文化なども素晴らしいし、ネパールの山奥深くに来た感じがとても良かったです。
posted by ryuseki at 01:56| Comment(1) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

帰国しました。

s-IMG_2043.jpg
帰国いたしました。
庭のコナラの葉っぱが、もうすぐ家を覆い隠しそうです。
新緑の眩しい季節に間に合って良かった。
posted by ryuseki at 23:27| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

カトマンズに戻りました。

IMG_2021.jpg
昨日の朝、ブルブレで出発前に全員で記念撮影。
ポーター君達は、これから再度入山するもの、ポカラに帰るもの、カトマンズに帰るもの、それぞれです。
撮影前は、無事終わってみんなで談笑していたのに、撮影になったら緊張したような感じで、笑ってもくれないんだな。
IMG_2027.jpg
今日は、カトマンズの高級レストランで、打ち上げ。
こちらも、何か緊張した面持ちです。
ネパールのスタッフには、高級レストランはあまり馴染まないのかな~。

posted by ryuseki at 03:07| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

みなさん、応援ありがとうございます。

IMG_2019.jpg
chatoさん、yasukoさん、riuzoさん、大阪のKHさん、青空山岳会さん、akemiさん、応援ありがとうございます。
一同、感激しております。

フサ子かーちゃんより。
そんなぁ、ありがとうございますぅ。
ひどい顔になっていますけどぉ。
いや〜、応援していただいてうれしかったです。
エアロビクスのみなさん。
ひどい顔になって帰りますけど、よろしくお願いします。

Kachinさん
長年の夢のサリブン。夢が叶いました。
とっても大変なハードトレッキングでしたが、是非青空さんも行ってください。
ヒムルンが大きく見えましたよ〜。
アマダブラム頑張ってください。

とうちゃん。
天候とスタッフに恵まれ、無事登頂して、今ブリブレ、いやブルブレで、ビールが上手い。うれし〜。
また、青空さんご一緒したいです。

写真は、コックのドゥルガが作ってくれたお祝いケーキを、仲睦まじくケーキかっとするとうちゃんとかあちゃん。


書き込みありがとうございます。
ネパールにもこんなに山深いところがあるなんて、1週間村人にも合わなかったです。
posted by ryuseki at 00:21| Comment(1) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

ブルブレ1000m

IMG_2012.jpg
昨日も朝の8時から午後2時まで歩いてコト2600mに到着。
今朝コトでインド製のボレロをチャーターして、ガタガタの断崖絶壁の道を7時間のドライブで、ブルブレ1000mまで降りてきました。
数年前にインド製のボレロに乗ったときは、苦行としか思わなかったのに、慣れるとこれもヒマラヤ登山の最後には相応しいと思うようになりました。

ヒマラヤ登山の最後に思うのはいつも「もう歩かなく良い」です。
今回もよく歩きました。4月22日にカグベニに着いてから、毎日毎日。
標高2810mから6346mを通って、2600mまで。
ただただ歩かなくても動くのがうれしいです。

今朝は、アンナプルナⅡ峰の朝焼けがキレイでした。
ヒマラヤの山ともお別れだと思うと少し寂しいです。
また秋まで。

標高1000m!暑い!
短パンTシャツはもちろん、何もしなくても汗が出てきます。
さあ、数週間振りにビールで乾杯しようっと。
posted by ryuseki at 20:31| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

メタ3600m

IMG_1965.jpg
今日も朝8時から7時間歩いて、メタまで降りてきました。
ロッジの庭では、スタッフ達が水で体や頭を洗っています。
みんなサンダル、半そでになって、すっかり温かくなりました。

ジョムソンから望む鋭鋒ニルギリの雄姿からスタートし、アンナプルナⅠ峰、ダウラギリ、ローマンタン周辺の国境の山々、ダモダル山群の中心部を通り、ペリ山群を望む氷河の下山と、いろいろな山を見ることができまし
た。
昨日、休憩中にペリ山群の右側にある大きな山が、マナスルだってことに気がつき、歓声が上がりました。
プーガオンの近くで最後のヒムルンヒマールを眺めながら、フサ子かあちゃんが「このコースは本当にいろいろな山が眺められて、本当に良い」って。
そして、今日はアンナプルナⅡ峰とラムジュンヒマールを眺めながら、プーコーラを下ってきました。
posted by ryuseki at 00:30| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

プーガオン4100m

IMG_1922.jpg
5200mのベースキャンプを8時に出発して8時間歩いて、4100mのプーガオンまで降りてきました。
1100mも降りると、とても暖かいです。
プーガオンは、昨年の秋にヒムルンヒマールを登ったときに来た、プーコーラ最奥の村です。
昨年ここまで来た時は、すっごい奥地の秘境に来たと感激していたのですが、ムスタンからダモダル山群を超えて来ると、既に下界に下りてきたような不思議な感じがします。
10日前にローマンタンを出発してから、村も無く誰にも合いませんでした。

初めてダモダル山群のサリブンの名前を聞いてから、10数年が経ちました。
ムスタンのイメージが強く、どうせ砂漠の土の山だろうと思っていました。
しかし、昨年ヒムルンの山頂近くから遠望したダモダル山群は、アンナプルナ山群に負けないぐらい大きな氷河を抱く、大山群でした。
そして、その大きな氷河は、ヒムルンを主峰とするペリ山群が目の前に聳え、とても長かったですが、気持ち良く下ることできました。
posted by ryuseki at 00:28| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

サリブン6346m今季初登全員登頂

IMG_1823.jpgIMG_1803.jpg
全員登りました。
全員無事プーコーラ側のベースキャンプに帰還しました。
ポーターも全員、サリブンラを超えて、荷物も全部届きました。
良かった〜。
取り急ぎ、お知らせです。
posted by ryuseki at 21:03| Comment(6) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

サリブン・ハイキャンプ5700m

IMG_1773.jpgIMG_1776.jpg
全員、ハイキャンプに入りました。
昼ごろから曇りだして、只今、夕方4時、雪が降っています。
曇り空の中、全長15kmのクムジュンガール氷河を、末端から10kmぐらい遡ってきました。
クムジュンガール氷河の中間部分は、氷塔の回廊のようになっていて、氷河の中央部を歩くことができました。
僕が「ここの氷塔、スゴイっすね〜」って言ったら。
Kachinさんが「バックが青空だったらな〜・・・」って。
はい、写真の通り、曇って真っ白であんまりきれいじゃありませんでした。

今回は、サリブン登頂&トラバースの計画なので、総勢19人の大所帯です。
コック、キッチンスタッフ、ポーターもサリブン峠6000mを超えます。
登頂部隊は、明日の朝3時にハイキャンプを出発します。
天気は、不安定なのですが、朝天気の良いうちに登頂を狙います。
どうか、サリブンの頂上から、ダモダル山群の山々が見渡せますように。
posted by ryuseki at 19:43| Comment(1) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

アンモナイトがいっぱい。

IMG_0807.jpg
アンモナイトの化石がいっぱい転がっています。
昨日も、今日も、せっせと化石拾いをしています。
今日も、下を見ながらせっせと歩いてきました。
写真は、今日の成果。
けっこう大きいのありました。
posted by ryuseki at 20:08| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

サリブン・ベースキャンプ5200m

IMG_0824.jpg
いよいよ、ベースキャンプに到着しました。
ダモダル山群の反対側から出発して、ローマンタンを通って、砂漠の道を何日も歩いて到達です。
クムジュンガール氷河末端のモレーンの上の、ヒマラヤらしい気持ちの良いベースキャンプです。
目の前にはクムルン6335m、シェルカ・カンリ6358m、ジュリー・ヒマール6337mが聳えています。
茶色の世界から、白と青の世界に突入です。
posted by ryuseki at 20:05| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

CHINA?

IMG_0786.jpg
スラーヤ衛星電話が、ここは中国だって言っています。
国境まで10kmぐらいは、あるはずなんですけどね。
そういえばGPSの地図でも5kmぐらい中国に入ってます。
posted by ryuseki at 12:33| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

ダモダル・クンダ5000m

IMG_0773.jpg
4900mのバチャコーラから、5500mの峠を越えて、ダモダル・クンダまで降りてきました。
5500mの峠に立ったらダモダル山群が目の前でした。もう遮るものは何もないです。
真ん中の大きな山がサノ・カイラス6425m、その左がブリクティ6460m。
ブリクティを左から回り込んで、ダモダル山群の中心部に入っていきます。

荷物が2つ、峠に残されました。
やはり2日続けてのダブルボッカは、無理だったみたいです。
明日、取りに行ってくれると言っているので、明日はここで休養にしましょう。
まあみんな疲れているので、ちょうど良いということにします。
posted by ryuseki at 21:07| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

バチャ・コーラ4900m

DSC00435.jpgDSC00449.jpg
4750mのグマタンティから、5300mの峠を越えて、4900mのバチャ・コーラの川底まで降りてきました。
5300mの峠から白い山々を間近に眺め、冷たくて乾燥した風に吹かれていると、あ〜またヒマラヤに来たんだなって思います。

今朝、グマタンティからポーターが一人下山しました。
昨晩からずっと頭が痛かったそうです。
これで、ポーターは8人になりました。
それでも、全ての荷物がバチャ・コーラに着きました。
ポーターは、みんな2人分の荷物を背負って、ガイドもコックもキッチンもみんな荷物を背負って、頑張ってくれました。
更に、6人のポーターは4時間かけて明日登る5600mの峠まで荷上げしてきました。
すごい!みんなありがとう。
みんなの今日の頑張りで、ベースキャンプまでの見通しがつきました。

さて、隊員も明日は5600mの峠超えです。
ベースキャンプに入る前ですが、これが頂上に向けての高度順化です。
さあ、明日も頑張ろう。
posted by ryuseki at 22:51| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

5000m峰登頂!

IMG_0735.jpgDSC00417.jpg
4900mの峠の横の5000m峰に登頂しておきました。
GPSで5022mでした。
ダモダル山群の白い山々が目の前に見えて、なかなか頂上らしい頂上でよかったです。
posted by ryuseki at 17:19| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

グマタンティ4750m

DSC00412.jpg
今日は、一気に1000m登って4900mの峠を超えて、グマタンティまで来ました。
隊員とポーターは順調ですが、ロバ7頭が荷物を置いて帰ってしまいました。
またしてもネパールのロバ使いにやられました。

ヤラで、上から降りてきたロバ使いから、雪が多くて帰ってきたと聞いたときから、「帰りたい帰りたい」と毎日言っていたロバ使い。
まだ雪を見る前なのに、帰ってしまいました。
あとベースキャンプまで3日あるのに、困ったものです。

ネパールのロバ使いは、いつもベースキャンプの手前で帰ってしまうので、こういう時をある程度想定して、全ての荷物をロバに背負わせずに、1/3程度はポーターを雇うようにしています。
ポーターは9人、キッチンスタッフが3人、ガイドが3人います。
全員総動員で、何とかベースキャンプに辿り着くように、作戦をたてています。

午後からポーター6人が、明日登る5300mの峠まで、荷上げにいってくれました。
明日は、ポーター9人全員がはダブルボッカしてくれることになりました。
posted by ryuseki at 17:13| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

ルリ洞窟fゴンパでプジャをしてもらいました。

DSC00389.jpgDSC00395.jpg
岸壁に刻まれたジグザグの道を登っていくと、朽ちた洞窟がたくさんあります。
その上に朱色に塗られたゴンパがあります。
洞窟に付けられた木戸を開けると、3階構造になっていて、梯子のような階段を登ると、2階に本堂があります。
小さな入り口から本堂に入ると、立派な祭壇が飾られています。
洞窟の壁沿いに座って1時間程のプジャをしてもらいました。
洞窟内にラマのお経が反響し、暗がりの中でロウソクの明りにうっすらと仏像が浮かび、荘厳な雰囲気のプジャでした。
壁画を眺めながら、数百年前のラマ達も同じように、ここでプジャをしていたのかな〜って思っていました。

本堂の横穴から続く部屋はもっと大きくて、ストゥーパが置かれています。
天井には、キレイな壁画が描かれていました。こちらは、数年前に描かれたそうです。
数百年前の洞窟に、現代の壁画。

すばらしいプジャでした。感動しました。
posted by ryuseki at 19:48| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

ルリゴンパ3900m

IMG_0720.jpgIMG_0718.jpg
ルリゴンパに着きました。
ヤラ村の奥にあるゴンパです。
今日は、ゴンパのキッチンを借りて、ゴンパの横にキャンプです。

ゴンパの裏には、ムスタンの洞窟ゴンパで最大の、ルリ洞窟ゴンパが聳えています。
14〜15世紀にたくさん掘られた洞窟ゴンパの中で、現在も使用されている唯一のゴンパです。
posted by ryuseki at 19:44| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

ヤラ3600m

DSC00347.jpgIMG_0706.jpg
ヤラ3600mに着きました。
ダモダル山群の最後の村です。これより奥に村はありません。
村の目の前には、柱状に侵食された岸壁が聳え立っています。
岸壁の中腹には14〜15世紀に掘られた洞窟ゴンパがたくさん見えます。
使われなくなって数百年。アリの巣みたいですね。
posted by ryuseki at 23:03| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする

ディーガオン3400m

DSC00335.jpgDSC00341.jpg
ローマンタン3810mを出発して、4時間かけてカリガンダキの川沿いディーガオンまで降りてきました。
たった400m降りただけなのに、すっごく温かい。
ローマンタンの畑はまだ種まきが始まったばかりだったのに、ディーガオンでは麦が15cmぐらいに伸びていて、一面緑にびっくりです。
posted by ryuseki at 19:43| Comment(0) | 2013サリブン | 更新情報をチェックする