2015年08月13日

ハンテングリ登山隊2015 帰国しました。

P8081335.jpg
ハンテングリ登山隊2015、今日までに全員が無事帰国しました。
猛暑の日本を恐れていましたが、意外にもそんなに暑くなく一安心です。
今年は、天山山脈でも猛暑で、大気の状態は常時不安定で、雲の無い青空は、あまり拝むことができませんでした。
21日間ベース・キャンプに滞在していて、目の前に望むハンテングリ北壁が、夕焼けに染まったのはたったのは、1日だけ。僕たちが登頂した8月6日だけでしたから、僕は見ることができませんでした。

取り付きから、急な雪稜と岸壁が続き、上に行くほど岸壁率が増えて難しくなっていきます。
2000m以上張り巡らされたフィックスロープを、いかにスムーズに、確実に、登下降するかが登頂のカギとなります。
上部の岸壁部の難しさから、鋭鋒として有名なアマダブラムよりも、難しいと言えるでしょう。

旧ソビエト圏のカザフスタンですが、まだまだロシアの影響は大きいです。
ベース・キャンプにいた現地ガイド7人中、6人はロシア人でした。
言葉もほとんどロシア語が話されていますので、ロシア語は必携です。
ちなみに僕は、読めないし、挨拶もできない状態で行ったので、とても苦労しました。

アルマティの都会では、ロシア系とモンゴル系が、7対3ぐらいのイメージですが、田舎に行くと100%モンゴル系です。
とても親しみが湧き、ここが中央アジアであることを実感できます。
もう少し、この周辺を探ってみたくなりました。

来年は隣のキルギスに行こうと思います。
最高峰のポベータはちょっと難し過ぎて、手が出せないので、パミールのレーニン・ピーク(7134m)を検討しています。
posted by ryuseki at 22:12| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

ハンテングリ登山隊2015報告⑦ハンテングリ登頂!

DSC06280.jpg
キャンプ3 5850m。夕方から晴れ始めました。

P8061202.jpg
深夜の2時にキャンプ3を出発。最初から水分補給に余念がないT隊員です。

P8061253.jpg
朝焼けのチャパエフ峰全景。

P8061212.jpg
前半からこんな岩場ばっかりです。

P8061263.jpg
登っていくにつれて、どんどん難しくなっていきます。

P8061265.jpg
クーロワールの入り口。

P8061266.jpg
最後のクーロワール上部の入り口。

P8061277.jpg
セルゲイと僕の頂上ショット。マーモット兄弟です。
posted by ryuseki at 00:41| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

ハンテングリ登山隊2015報告⑥チャパエフ・ピーク6120m登頂

P8071294.jpg
キャンプ2からすぐにナイフエッジの登攀が始まります。

P8041192.jpg
雪壁の先には、チャパエフの頂上岸壁が聳えます。

P8041195.jpg
とりあえずチャパエフ登頂。頂上は、雲の中。

P8041200.jpg
チャパエフ頂上6120mから、キャンプ3まで300mの下りです。
ハンテングリの核心部の全景が、すごい迫力です。
posted by ryuseki at 00:26| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

ハンテングリ登山隊2015報告⑤キャンプ2は5500m

P8031187.jpg
キャンプ1の上から本格的な登攀がスタートします。

P8071290.jpg
最も広く快適なキャンプ2。
北イリニチェク氷河の山々が、眼下に広がります。
posted by ryuseki at 01:36| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

ハンテングリ登山隊2015報告④キャンプ1は4800m

DSC06194.jpg
ベース・キャンプ4000mから氷河を渡って取りつきます。
左がハンテングリ北壁。右のチャパエフ峰6120m峰から伸びる尾根に取りつきます。

P7261129.jpg
いきなり雪壁登りに苦労します。

DSC06241.jpg
北壁側に張り出した尾根に上にテントをはりました。
1日中、北壁の落石落氷の音が鳴りやみません。

P7271144.jpg
夕焼けがキレイです。まだまだ余裕です。


posted by ryuseki at 22:32| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

ハンテングリ登山隊2015報告③ カーリ・タウ5450m登山

まずはカーリ・タウに登って高度に体を慣らします。
P7221034.JPG
北イニリチェク氷河を奥まで詰めていきます。

P7221057.jpg
セラック帯を超えていきます。奥に見えるのがカーリ・タウ峰。
5000m峰とは思えない本格的な登山です。

P7221059.JPG
巨大な氷河の真ん中にキャンプ2を張ります。4800m。
後ろはカザフスタン峰。

P7231108.jpg
最後はナイフリッジの登攀です。

P7231093.jpg
頂上らしくない頂上に全員登頂。
あと150mって、ところでしょうか。
posted by ryuseki at 22:15| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

ハンテングリ登山隊2015報告② いきなり氷河のど真ん中ベース・キャンプ4000m

sP7201026.jpg
キルギス空軍のヘリコプターをチャーターします。

sDSC06109.jpg
荷物を満載して出発です。

sDSC06150.jpg
30分のフライトでハンテングリの目の前に到着。

sDSC06152.jpg
雄大な北イニリチェク氷河です。

DSC06196.jpg
モレーンの上に建設されたベース・キャンプ4000mです。世界中から登山者が集まっています。
posted by ryuseki at 22:01| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

ハンテングリ登山隊2015報告① カルカラBC2200mは花盛り

sP7191017.jpg
アルマティから5時間のドライブで到着するカルカラ・ベース・キャンプ2200m

sP7190964.jpg
3000mの裏山に登りプチ高所順応ハイキング

sP7190935.jpg
花と隊員達

sP7190929.jpg
sP7191009.jpg
sP7191003.jpg
とにかくお花が咲き乱れていました。
posted by ryuseki at 21:47| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

ハンテングリ登山隊2015 アルマティに戻りました。

sP8061271.jpg
8月6日に奇跡的な好天を捉えて、T隊員と、ガイドのセルゲイ、ポーターのイゴールとアンドレイ、竜石の5人が、ハンテングリに登頂することができました。
今年の、天山山脈は天候が不順で、不安定な天気に悩まされましたが、最後の最後で最高の天気に恵まれました。
21日間の登山期間中、1日中晴れたのは、登頂日だけです。
posted by ryuseki at 04:22| Comment(1) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

カルカラのBC到着

留守番本部です。
今日は、本人からブログアップできるかなと思いましたが、通信状態は悪いようです。
W隊員は一足はやく、居心地の悪いBCからカルカラへと移動されていたとのことで、今日は久々の全員集合となったようです。ご家族の皆様も、応援とご心配、お疲れ様でした!
posted by ryuseki at 21:09| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

BC帰還

留守番本部です。
無事、BCに戻ったと連絡がありました。
明日にはヘリでカルカラのベースキャンプに飛べそうだということです。
とても大変な登山でしたが、T隊員もとても元気です。
posted by ryuseki at 19:13| Comment(1) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

無事C3に戻りました

留守番本部からご報告です。

かなり疲労しましたが、C3まで無事に帰還したそうです。
奇跡的な好天を逃さず、T隊員と登頂できてよかったですね~
posted by ryuseki at 05:32| Comment(4) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

速報!

留守番本部です。

登頂しました!!
本日2時過ぎ(現地時間)快晴微風の中、T隊員と共に登頂です!!
やった〜ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ

日本時間の5時過ぎに電話がかかったのですが、状態悪く聞き取れず、その後も聞き取れない状況が続いていました。登頂したかのかなぁ、下山途中かなぁ〜と思っていましたが、あと1時間程度でC3に到着というところで、やっとクリアーな音声で連絡が取れました。

それにしても、よかったぁ〜
天気の神様は、ホントに今日だけいいチャンスを与えてくださいました。
posted by ryuseki at 23:24| Comment(1) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

明朝6日決行!

留守番本部です。

明日、早朝から登頂アタック決行の予定です。
一昨日から登頂者がどんどん出始めているようです。(相当苦労しているようですが)
明日も、周りの12張りのテントから、多くの登山者が出発の予定です。
T隊員の体調も良好のようで、明日、長い山頂への道(岩壁)をよじ登ります。
現地ガイドも2人ともついてきますし、ポーターも一緒なのだそうです。
万全の態勢です。

T隊員はセブンサミッツも卒業されたツワモノでいらっしゃいます。
エベレストの山頂も竜石と一緒に踏まれました。
明日のご成功を心からお祈りしております。
でも、何はともあれ、とにかく安全第一!
posted by ryuseki at 19:36| Comment(1) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

今日の報告8.4

留守番本部から今日の登山隊のご報告です。

今日は無事C3に到着したとのことです。残念ながら、S隊員は今回の登頂を断念し、BCに下山されました。BCでお腹いっぱいお食事を済ませたと連絡があったそうですので、ご家族様、どうぞご安心を。今回は天気不良で高度順応が予定通りに進まなかったことが、原因のようです。T隊員は継続中です。ただ、かなり疲労したので明日は一日C3で休養を取り、6日の好天予報を信じてアタックの予定です。
posted by ryuseki at 21:09| Comment(4) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

今日の状況8.3

留守番本部より今日のご報告です。

今日も降ったり止んだりの一日だったそうですが、前回よりも調子よくC2(5500m)に到着したそうです。
周囲にはテントが24張り。皆、一日早くBCを出発したのですが、まだC2に停滞しているようです。
C3のコルまで上がると、風が強いのでC2で天気待ちなのかもしれません。
明日もまた、様子を見ながらの行動です。

昨日、NHKのグレートサミッツのDVDをもう一度見ましたけど、さすがにキツそうな山ですね。
とーちゃんも、よっちゃんも、頑張ってくださー(^(o)^)ーい!
posted by ryuseki at 19:35| Comment(1) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

今日の登山隊情報8.2

留守番本部より今日の状況をお知らせします。

ベースキャンプに戻って休養(停滞)中でしたが、登山者が全員集合したので、全てが混雑してしまい、居心地が悪かったそうです。食事の質も下がって唯一の楽しみも失われてしまったそうです。

そんなわけで、昨日またC1に向けて出発しました。W隊員は出発しない決断をされました。今日はC2のはずでしたが、小雨が降り続く中、滑落事故があって、そのレスキューのため、C1に停滞です。今年のシーズンは、あまりお天気に恵まれていないです。ちょっと全体的に「あきらめモード」も漂い始めているみたいですが、お天気はどうしようもありませんね。まだ、時間も食糧もあるので、天気予報が変わることを祈っています。 
posted by ryuseki at 19:41| Comment(2) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

ハンテングリ登山隊状況7.28

留守番本部から今日の報告です。

残念ながら、朝から天気悪く、雪もかなり強く降っていたので、6,000mのコルへは行けず、先ほどベースまで無事下山したとのことです。 明日も結構な降雪予報がでているので仕方ない結果でした。
予備日も多く残しているので、天気の回復を祈願したいところです。 
posted by ryuseki at 20:30| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

ハン・テングリ登山隊状況7.27

留守番本部より、今日の登山隊状況をお伝えします。

日本も猛暑ですが、ハン・テングリでも”HOT HOT”と皆が口にしているのだそうです。
今日は5500m地点にいるのですが、全く寒くないのですって。(いいなぁ)
明日は、次の高度順応のため、6120mのチャパエフ・ノースというコルを目指します。
今日は、吹雪いたり晴れたりと、天気は安定していなかったとのことです。
ちょうど微妙な緯度にいるのですね。
隊員さんたちはまずまずのご様子のようですが、状況を見ながら無理せず行動するとのことです。
この順化のローテーションが終わると、次はとうとう本番です┗( ^o^)┛
posted by ryuseki at 19:55| Comment(0) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

今日のハンテングリ登山隊情報7.23

留守番本部です。
「疲れたぁ〜」っと衛星電話で連絡がはいりました。

カーリィ・タウに無事全員登頂してBCに戻ったとのことです。
朝3時出発して、先ほど夕刻6時にBCに到着です。
順応のための5000m峰とは云っても、とても大変な山だったそうですよ。
谷深く、がラ場も悪く、落石も多く、氷河も大きく、
クレバスも多く・・・(`@_@’’)

明日から、2日間はゆっくり休養日です。
ベースキャンプの食事は美味しいとのことなので、しっかり休んだら、次の順応行程で6000mタッチに向かう予定です。
posted by ryuseki at 21:07| Comment(2) | 2015ハンテングリ | 更新情報をチェックする